ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは『ハリー・ポッターと賢者の石』書籍出版20周年を記念して、本日10月31日より渋谷ヒカリエShinQsにて「魔法ワールドフェア at Shibuya Hikarie ShinQs」を開催。俳優の小関裕太が登場したイベントの様子を届ける。

小関裕太のハリー・ポッター愛が炸裂!「好きすぎて引かないでください…」

『ハリー・ポッターと賢者の石』書籍出版20周年を記念して本日よりオープンした期間限定ショップ「魔法ワールドフェア at Shibuya Hikarie ShinQs」。オープニングイベントに本シリーズの大ファンである小関裕太がスペシャルゲストとして駆けつけた。

「20周年おめでとうございます!僕は『ハリー・ポッター』が好きすぎるので、引かないでくださいね」と挨拶すると、この日のために持参した杖や杖ホルダー、スリザリンのロケットなど私物のアイテムを披露。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』を劇場で11 回も鑑賞し、完全に魅了されたという小関は「『ハリー・ポッターと賢者の石』は僕の考え方のベースになっています。ハリー・ポッターがいない世界なんてありえない、自分の生き方を変えた作品です」と”ハリポタ愛”を熱く語った。

「続きが気になって書籍を読もうと思ったんですけど、当時はまだ漢字が読めなかったので、母親が全ページにフリガナを振ってくれたんです」と、実際に読んでいた書籍も披露し、母親に対する感謝の気持ちを述べた。さらに、小学生の時に使っていたノートも特別に公開。表紙にはヘドウィグが描かれ、ファンタジー好きな少年だったことを明かした。

画像: 小学生の時に使っていたノートを披露する小関

小学生の時に使っていたノートを披露する小関

画像: ハリー・ポッターとダンブルドアらしき人物が描かれている

ハリー・ポッターとダンブルドアらしき人物が描かれている

魔法ワールドフェアの話になると、期間限定ショップで販売される「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」シリーズの世界観を凝縮した様々なグッズを眺めながら、「このパスポートケースほしいです。魔法役の教科書がモチーフになっていますね!確実に買います」 と、プライベートで店頭に遊びに来たいと大興奮。特設スペースには『ハリー・ポッターと賢者の石』日本語版の翻訳者である松岡佑子さんが、翻訳する際に擦り切れるほど読み込んだという原作本が展示されており、実物を手に取った小関は「うわ~、すごい!本来は松岡さんしか見られないものですもんね!」と興奮を隠せない様子だった。

画像: 翻訳者の松岡佑子さんが読み込んでいたという原作本を手にとる小関

翻訳者の松岡佑子さんが読み込んでいたという原作本を手にとる小関

今夏リリースされたARゲーム『魔法同盟』にもハマっているという小関は「カラオケで発声練習をするんですけど、寺尾聰さんの『ルビーの指環』を歌いながら『魔法同盟』をやっています」というプライベートを明かす一幕も。最後に「ハリー・ポッターファンの皆さんに魔法ワールドフェアの素晴らしさが届いてほしい。ぜひ来てほしいです!」とイベントを締めくくった。

画像: 小関裕太のハリー・ポッター愛が炸裂!「好きすぎて引かないでください…」

期間限定ショップ「魔法ワールドフェア at Shibuya Hikarie ShinQs」は、渋谷ヒカリエ ShinQsにて 11月20日(水)まで開催予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.