アメリカをはじめ、全世界で大ヒットを記録したクェンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(ソニー・ピクチャーズ配給)の10分拡大“エクステンデッド・カット”版が 2019年11月15日(金)より2週間限定で日本公開決定!!

全く新しい4つのシーンを加えた10分拡大版

早くも 来年のアカデミー賞ではレオナルド・ディカプリオが主演男優賞に、ブラッド・ピッドが助演男優賞にノミネートされるだろうと言われており、ファンにとっても“ワンハリ”旋風がまだまだ続く中、現在アメリカで公開中の 全く新しい4つのシーンを加えた10分拡大版が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/エクステンデッド・カット』 として11月15日(金)から11月28日(木)までの<2週間限定>でTOHOシネマズ シャンテほか<全国4館のみ>で日本公開することが正式に決定した!

画像: 全く新しい4つのシーンを加えた10分拡大版

1969年のロサンゼルスを舞台に、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターを初共演させ、二人の友情と絆を軸にハリウッド黄金時代の光と闇に迫った話題作で、日本でも8月30日の公開から2ヵ月たった現在も勢いはとどまらず、2003年に公開された『キル・ビル』(最終興収25億円)に続く2位の興行成績(現在11億5000万円超え)を上げる大ヒットとなっている!

上映劇場(4館限定)
東 京:TOHOシネマズ シャンテ
大 阪:TOHOシネマズ 梅田/TOHOシネマズ なんば
名古屋:TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.