2019年11月22日(金)~11月24日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される「東京コミコン2019」のゲストとしてクリス・ヘムズワースの来日が決定したが発表された。

あのアベンジャーズのソーがいよいよ来日!

クリス・ヘムズワースはオーストラリア出身で、大人気マーベル映画『マイティ・ソー』シリーズにて、主人公ソーを演じ一躍世界的スターになり、またその後「アベンジャーズ」シリーズにも都度出演、中心キャラクターとして活躍するソーを演じ、不動の人気を獲得した。

なお、今回の東京コミコン2019でアンバサダーを務める浅野忠信と、ゲストとしての来日が決定しているザッカリー・リーヴァイは『マイティ・ソー』シリーズにて‟ウォーリアーズ・スリー“のメンバーで出演しており、東京コミコン2019オープニングセレモニーなどでの、夢の3ショット共演が実現する。

またこのコミコンには同じく「アベンジャーズ」シリーズで活躍するハルクを演じたマーク・ルファロも参加することが決定。ルファロはハルク/ブルース・バナー役を務めたことにより大ブレイク。そして大ヒット映画『グランド・イリュージョン』シリーズでは、FBI捜査官のディラン・ローズ役で出演しており、物語のカギを握る重要人物の一人として、個性的なキャラクターを演じた。

画像: マーク・ルファロ  By Richard Phibbs - low res

マーク・ルファロ  By Richard Phibbs - low res

東京コミコンへの参加は今回が初めてとなり、日本のファン待望の初来日でもあるルファロ。これまでに発表されたルパート・グリント、ザッカリー・リーヴァイに引き続き、4人のスターが会場にやってくる。また残念だが先に来日が発表されていたセバスチャン・スタンは撮影のスケジュールで来場が困難となり、キャンセルとなった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.