2019年10月30日、メルセデス・ベンツ日本はラグジュアリーオープンカーであるSLの特別仕様車「SL400グランドエディション(Mercedes-Benz SL400 Grand Edition)」を発売した。車両価格は1416万円で、2020年1月以降にデリバリーを開始するという。

SL400をベースに装備をアップグレード

メルセデス・ベンツの最高級ロードスターモデルとしてラインアップされている現在のSLは、2011年末に欧州で、2012年3月に日本で発表された6代目となる。同ブランドの高級オープンモデルといえば、SクラスカブリオレやEクラスカブリオレも存在するがこれらは4シーターで、SLは2シーターとキャラクターが異なる。ボディサイズは全長4640×全幅1875×全高1305mmとして、Sカブリオレ(5030×1910×1420mm)と比較するとコンパクトでスポーティだ。

デビューから8年近くが経過して次期モデルの存在も明かされている中、メルセデス・ベンツは熟成モデルとも言える特別仕様車「SL400グランドエディション」(ハンドル位置:左/右)を発表した。車両価格は1416万円で2019年10月30日から予約注文を開始、2020年1月以降のデリバリーを予定しているという。

画像: 特別仕様車メルセデス・ベンツ SL400グランドエディションの19インチホイールは専用デザイン。

特別仕様車メルセデス・ベンツ SL400グランドエディションの19インチホイールは専用デザイン。

ベースとなるSL400は3L V6ツインターボエンジン(367ps/500Nm)を搭載するグレードで、これに通常のオプションでは選択できない機能をいくつか追加することで快適性を高めている。その機能のひとつが「マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフ」。クローズ時にルーフトップのカラー(濃淡)をボタンで切り替えられるもので、クリアモードを選択すれば寒い日にもオープンルーフのような開放感を楽しめ、ダークモードにすれば炎天下の室温上昇を抑えることができるというもの。

また、シートのショルダーやランバーサポートなどのポジションをより緻密にセッティングできる「マルチコントロールシートバック」や、走行状況に応じてシートバックレストのサイドを自動で膨らませて身体をホールドする「ドライビングダイナミックシート」、さらには「Harman/Kardon ロジック7サラウンドサウンドシステム」といった、通常では組み込めない装備も採用される。

このほか、最上級ハイパフォーマンスグレード「メルセデスAMG SL65」に採用されるナッパレザーシートやポプラウッドトリム(ライトブラウン)がインテリアに、また専用デザインの19インチAMGツインスポークアルミホイールも装着される。

ボディカラーはオブシディアンブラック、グラファイトグレー、セレナイトグレー、ダイヤモンドホワイトの4色から選択できる。

画像: メルセデス・ベンツ SL400グランドエディションは、ダイヤモンドステッチをあしらったタンドラブラウンパールとブラックを組み合わせたナッパレザーシートを装着する。

メルセデス・ベンツ SL400グランドエディションは、ダイヤモンドステッチをあしらったタンドラブラウンパールとブラックを組み合わせたナッパレザーシートを装着する。

メルセデス・ベンツ SL400グランドエディション 特別装備

■エクステリア
専用ハイグロスブラックペイント19インチアルミホイール
専用デザイン マットイリジウムシルバーフロントスポイラー
専用デザイン ハイグロスクロームフィン
専用フェンダーバッジ
■インテリア
フルレザー仕様(レザーDINAMICAルーフライナー付)
グランドエディション専用フロアマット
■機能装備
マジックスカイコントロールバリオルーフ
マルチコントロールシートバック
ドライビングダイナミックシート
リラクゼーション機能
盗難防止警報システム(牽引防止機能、室内センサー)
クロージングサポーター(ドア)
Harman/Kardonロジック7サラウンドサウンドシステム

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.