最新足まわりも組み合わせカスタム感もさらに高める

ACサンクチュアリーが手がけるカスタムコンプリート車のRCM(リアル・コンプリートマシン)。500台を超えたその中で、カワサキ・ニンジャはZ系に次ぐ台数が作られてきた。そのうち、ニンジャエンジンをベースにしたものが「スポーツパッケージTYPE–R」、後継エンジンへのコンバートを行ったものが「フォーミュラパッケージ」に分類されている。

スポーツパッケージTYPE–Rは’15年秋に完成したRCM–350からニューTYPE–Rにと一新したが、これは従前が「高年式のA10以降モデルで、走行距離が1万㎞以内で異音等もないもの」をベースにしていたのを、条件に合う車両の枯渇もあって、エンジンをリフレッシュベースに切り替えたものだった。

もう少し言えば、そのエンジンはチップ鋳込みロッカーアームなど対策済み純正新品(含む後継)や、サンクチュアリーで使用して信頼を置くパーツを使ってオーバーホールも兼ねたリビルドを行うようにシフト。外観もガンコートで一新する。

同時に、ワイヤハーネスやジャンクションボックス、スターターリレー等の電装系は系列後継用新品を元にニンジャに合わせてコンバート製作。キーもメイン、シート、ヘルメットロックまで統一した1本で済むよう加工する。

車体は従前のTYPE–R同様にフレームのチェーンインライン加工やリヤワイドホイール加工を行う。
この際にニンジャで破損しがちなフロントカウルステー用マウントも再生。このようなベース作りを行った上で、鍛造ホイールや大径フォーク、高質ブレーキ等を組み合わせ、前後17インチでより現代的なパッケージを作る。

それがニューTYPE–Rだった。

画像: 最新足まわりも組み合わせカスタム感もさらに高める

さらにこの’19年、各部パーツがアップデート(オーリンズRWUフォーク、TMRキャブ/ウオタニSP2等が指定)され、ニュータイプRはより信頼性を高めた’19年バージョンにと進化した。

この車両、RCM–448はその最新パッケージに、ラジアルキャリパー等を加え、セパレートハンドルを採用し、アッパーカウルを加工するなど、個性化を図ったもの。こうしたオーダーからは、オーナーのニンジャへの情熱も伝わってくる。

是非見本にしたい、そう思える仕上がりなのだ。

Detailed Description 詳細説明

画像: デイトナ製セパレートハンドルとのクリアランスを取るためアッパーカウルは10mm下げ、逃げ加工する。サイド上もカットしてタンクのショルダーからサイドカウル上にラインがつながるようにしている。フロントカウルステーもマウント部から再生されている。

デイトナ製セパレートハンドルとのクリアランスを取るためアッパーカウルは10mm下げ、逃げ加工する。サイド上もカットしてタンクのショルダーからサイドカウル上にラインがつながるようにしている。フロントカウルステーもマウント部から再生されている。

画像: ステムはスカルプチャーTYPE-Ⅲでメーターはワンオフパネルした上でZXR用を使う。フロントフォークはセパレートハンドル装着に合わせて全長確保のためゼファー1100対応品を選択(ZRX用は短くなるためNG)、バーハンドルならXJR1200/1300対応800mm長を推奨。

ステムはスカルプチャーTYPE-Ⅲでメーターはワンオフパネルした上でZXR用を使う。フロントフォークはセパレートハンドル装着に合わせて全長確保のためゼファー1100対応品を選択(ZRX用は短くなるためNG)、バーハンドルならXJR1200/1300対応800mm長を推奨。

画像: タンクキャップはイギリス・ニュートン製。横から見るとタンクとカウルサイドの位置関係が分かるカットだ(ノーマルはタンク上面とカウルサイド上が同一高さ)。

タンクキャップはイギリス・ニュートン製。横から見るとタンクとカウルサイドの位置関係が分かるカットだ(ノーマルはタンク上面とカウルサイド上が同一高さ)。

画像: シートはデイトナとサンクチュアリーのコラボで製作された「デイトナRCMコンセプトCOZYシート」を、さらに後部フラット加工した上で装着している。

シートはデイトナとサンクチュアリーのコラボで製作された「デイトナRCMコンセプトCOZYシート」を、さらに後部フラット加工した上で装着している。

画像: ペイントはYFデザインが担当。テールカウル上にはGPZ900Rエンジンベースによる「スポーツパッケージTYPE-R」のエンブレムも組み込まれる。

ペイントはYFデザインが担当。テールカウル上にはGPZ900Rエンジンベースによる「スポーツパッケージTYPE-R」のエンブレムも組み込まれる。

画像: コンバートではなくGPZ900Rをベースにしたエンジンはヴォスナーφ74.5mm鍛造ピストンによる[908→]958cc仕様で、A16用純正対策部品等も多数組み込まれている。クランクジャーナルラッピングやバルブガイド製作入れ替え、バルブシートカット、水圧検査等も行われた。

コンバートではなくGPZ900Rをベースにしたエンジンはヴォスナーφ74.5mm鍛造ピストンによる[908→]958cc仕様で、A16用純正対策部品等も多数組み込まれている。クランクジャーナルラッピングやバルブガイド製作入れ替え、バルブシートカット、水圧検査等も行われた。

画像: キャブレターはTMR-MJNφ38mmのデュアルスタックファンネル仕様を装着、合わせる排気系はナイトロレーシング手曲げチタンEXヒートポリッシュだ。

キャブレターはTMR-MJNφ38mmのデュアルスタックファンネル仕様を装着、合わせる排気系はナイトロレーシング手曲げチタンEXヒートポリッシュだ。

画像: フロントフォークはオーリンズNEW正立(RWU)E×Mパッケージ。ブレーキラインはサンクチュアリーが扱うアレーグリ・ジョルトシステムだ。フロントキャリパーはブレンボCNC GP4RXで、ディスクはサンスター製のRCMコンセプトφ320mmDiskホール&ソリッド。

フロントフォークはオーリンズNEW正立(RWU)E×Mパッケージ。ブレーキラインはサンクチュアリーが扱うアレーグリ・ジョルトシステムだ。フロントキャリパーはブレンボCNC GP4RXで、ディスクはサンスター製のRCMコンセプトφ320mmDiskホール&ソリッド。

画像: スイングアームはスカルプチャーRCMワイド+TYPE-Cスタビライザー下付け仕様。チェーンラインは8mmオフセット。ドライブチェーンはEK530 RCMだ。

スイングアームはスカルプチャーRCMワイド+TYPE-Cスタビライザー下付け仕様。チェーンラインは8mmオフセット。ドライブチェーンはEK530 RCMだ。

画像: ホイールはO・ZレーシングGASS RS-Aの3.50-17/5.50-17を履く。サイレンサーはナイトロレーシング・コニカルチタンV-1ヒートポリッシュを装着。

ホイールはO・ZレーシングGASS RS-Aの3.50-17/5.50-17を履く。サイレンサーはナイトロレーシング・コニカルチタンV-1ヒートポリッシュを装着。

取材協力:ACサンクチュアリー(SANCTUARY本店)

記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ

カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!

月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』12月号、発売開始しました!

Amazonでもお買い求めいただけます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.