「オペラ座の怪人」などで知られるアンドルー・ロイド・ウェバーが作曲を手掛け、「レ・ミゼラブル」などで知られるキャメロン・マッキントッシュがプロデュースを手がけた作品が実写映画化。2020年最初の注目作、映画『キャッツ』が1月24日(金)より日本公開(東宝東和 配給)。

信じられなかったのは、テーラーが書いたこの歌詞の並外れた美しさだ

全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。

監督を務めるのは、『英国王のスピーチ』(10)で第83回アカデミー賞作品賞を含む4部門に輝き、
『レ・ミゼラブル』(12)で歴史的ミュージカルの映画化を成功に導いたトム・フーパー。さらに、数々の名作を世に送り出してきた巨匠スティーヴン・スピルバーグ、アンドルー・ロイド・ウェバーらが製作総指揮に名を連ねるなど、世界最高峰の制作陣が集結。主人公の美しい白猫のヴィクトリア役には、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルを務め、本作が映画初出演となるフランチェスカ・ヘーワード。また、映画『ドリームガールズ』(06)で第79回アカデミー賞助演女優賞を受賞し、圧巻の唱力と演技力で賞賛を浴びたジェニファー・ハドソンがグリザベラ役を担当し、そして映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれた珠玉のキャスト陣が参加し、個性豊かな猫たちを演じる。

画像: 信じられなかったのは、テーラーが書いたこの歌詞の並外れた美しさだ

この度、ユニバーサル・ピクチャーズは、本作にボンバルリーナ役として出演している世界的アーティストのテーラー・スウィフトと、作曲を手がけるロイド・ウェバーが映画のために新曲「Beautiful Ghosts」を共同制作した事を発表した。

この新曲は主人公ヴィクトリアが歌う劇中歌及び、スウィフトが歌うエンドクレジット版として披露されます。映画『キャッツ』はヘーワード演じる主人公ヴィクトリアの視点を通して描かれており、
ロイド・ウェバーは脚本を読んだ瞬間、「ヴィクトリアのための曲を作らなくてはいけないと思った」と話し、この新曲は本作にとって「非常に重要で軸になるパート」であると明らかにしている。
フーパー監督もテーラーとロイド・ウェバーが制作したこの楽曲が自身の期待をはるかに超えていたと驚きと語っており、 「信じられなかったのは、テーラーが書いたこの歌詞の並外れた美しさだ」と絶賛。そして、「まるで誰かが私が映画を作っている最中に来て…(何も説明していなくても)私たちが映画で何をしようとしているのかを深く理解しているかのようだった。とてもスリリングだったよ」とコメントしている。

© 2019 UniversalPictures. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.