キヤノンはプロフェッショナル用デジタル一眼レフのフラッグシップモデル、キヤノンEOS-1D X Mark IIIの開発発表をした。現行機種のEOS-1D X Mark IIよりもさらなる高画質と高速連写を目指しているという。

EOS-1D X Mark IIIの詳細は未定だが、
・新型映像エンジン、新開発のCMOSセンサーを搭載
・高感度性能の向上
・光学ファインダー撮影用新型AFセンサー搭載
・1D X Mark II比約28倍のAFセンサー画素数
・ディープラーニング技術により追尾性能を高めたAFアルゴリズム
・最高約16コマ/秒(光学ファインダー時)高速連写、ライブビュー時最高約20コマ/秒の高速連写
・マグネシウムボディ
・CFexpressカード対応デュアルスロット
ほか、新機能に関してはスペシャルサイトで確認できる。

画像: キヤノンEOS-1D X Mark IIIを開発発表!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.