2019年10月18日、プジョー・シトロエン・ジャポンは新コンセプトMPVのプジョー リフターを2020年夏から日本に導入すると発表した。先行発売される特別仕様車「デビューエディション」のディテールを写真で紹介しよう。

デビューエディションはオンライン予約で販売受付中

リフターはデビューエディションも詳細なスペックは発表されていないが、サイズは全長4403×全幅1848×全高1878mm、ホイールベースは2780mm(欧州仕様値)。全長は比較的コンパクトだが、幅は欧州サイズで、高さも十分。高い車高と両側のスライドドアはミニバン的、高い地上高と樹脂製のホイールアーチ&サイドプロテクターはSUV的、そして長いルーフラインとユーティリティはワゴン的と、それぞれのイイトコ取りをしたスタイルだ。

リアサイドドアは手動だがスライド式、2段分割して使用可能な広いラゲッジスペース、ルーフに収納スペースを備えたマルチパノラミックルーフなど、RVとしての使い勝手は高そう。お気に入りのギアをガンガン積んで、レジャーやアウトドアスポーツに出かけるのにも最適な1台だ。

パワートレーンは、130psと300Nmを発生する1.5Lのターボディーゼルとダイヤル式8速ATの組合せ。駆動方式はFFだが、アドバンスドグリップコントロールの採用で多少のラフロードなら問題なく走破する。先進運転支援機能も充実して、車両価格(10%税込)は、336万円。現在、オンライン予約で注文を受け付けている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.