250スポーツクラスに久々に戻ってきた直4エンジン!

Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

画像1: Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

【Ninja ZX-25R】主要諸元
■全長:NA 
■軸距:NA
■シート:NA
■車重:NA
■エンジン:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 
■排気量:249cc 
■最高出力:NA 
■最大トルク:NA  
■燃料タンク容量:NA
■価格:未定
■カラー:ライムグリーン×エボニー
■発売日:未定

TMS2019カワサキブースの目玉のひとつであるNinja ZX-25Rが世界初公開されました!

カワサキファンはもちろん、多くのバイクファンの間でウワサになっていた“250cc・4気筒エンジン搭載スーパースポーツ”の登場だけに、数ある会場ブースの中でも一際話題になっていました。

画像: 250スポーツクラスに久々に戻ってきた直4エンジン!

エンジンはもちろん、フレームやサスペンションに到るまで、全てがブランニュー。カワサキが誇るスーパースポーツである「Ninja ZXシリーズ」の名に相応しく、250クラスとしては革新的とも言える最先端技術が満載です。

完全新設計の水冷4気筒DOHC4バルブエンジンは、高速回転域での強力なパワーを期待させるもの。どんな走りを楽しめるのか、今から楽しみです。

画像2: Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

250ccクラス初採用となる先進的な装備が満載!

足周りも豪華で、ショーワの「SFF-BP」倒立フォーク、ラジアルマウントモノブロックキャリパー、ホリゾンタルバックリンクリアサスペンションなど、リッタースーパースポーツなみの豪華装備が惜しみなく採用されています。

画像3: Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

特に注目したいのは、250クラスとは思えないほどの豪華な電子制御システムでしょう。

スロットル・バイ・ワイヤをはじめ、トラクションコントロール「KTRC」パワーモード、アップ、ダウンに対応したクイックシフター「KQS」といったライディングサポートシステムが満載です。

パワーモードは250クラスではCBR250RRにも搭載されていますが、「トラクションコントロール」と「クイックシフター」はZX-25Rが初搭載になります。

そしてなにより「250ではもう出ないかもしれない」とまで言われていた4気筒エンジンが本当に出るということが最大のアドバンテージとなるでしょう。

まさにNinja ZXシリーズを名乗るにふさわしい、クラスの枠を超えた全く新しい250マシンですね!

気になる国内発売は2020年秋ごろ!?

画像4: Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

こうなると「いつ発売されるの?」という声が聞こえてきそうですが、現時点での情報では「2020年の秋以降になりそう」ということらしいです。これだけのハイメカニズムと高性能ですから、価格も気になるところ。正式発表が待ち遠しいですね。

画像5: Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

Ninja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)

現在、明らかになっている「Ninja ZX-25R」の主な特長

■ハイテンスチール製トレリスフレーム
■フロントサスペンション=SFF-BP(Separate Function Fork – Big Piston)
■リヤサスペンション=ホリゾンタルバックリンク
■フロントブレーキ=シングルディスク、ラジアルマウントモノブロックキャリパー
■電子制御=KTRC(カワサキトラクションコントロール)、KQS(カワサキクイックシフター)、パワーモード

Ninja ZX-25Rのディテールをチェック!

画像: カウルから覗く新設計の「水冷4ストローク並列4気筒エンジン」。クラス最強スペックとなるのは間違いないでしょう!ボディカラーは先に発表になっているニンジャシリーズと同様の「KRTカラー」です。

カウルから覗く新設計の「水冷4ストローク並列4気筒エンジン」。クラス最強スペックとなるのは間違いないでしょう!ボディカラーは先に発表になっているニンジャシリーズと同様の「KRTカラー」です。

画像: 倒立フォークはSHOWA製のSFF-BPを搭載していました。フロントブレーキにはラジアルマウントのモノブロックキャリパーが装備されています。

倒立フォークはSHOWA製のSFF-BPを搭載していました。フロントブレーキにはラジアルマウントのモノブロックキャリパーが装備されています。

画像: コンパクトなサイレンサーは、スーパースポーツでは非常に重要な要素であるマスの集中化にも大きく貢献していそう。4気筒エンジンですから、高回転域での伸びやかなパワーと官能的なサウンドにも期待は高まります。

コンパクトなサイレンサーは、スーパースポーツでは非常に重要な要素であるマスの集中化にも大きく貢献していそう。4気筒エンジンですから、高回転域での伸びやかなパワーと官能的なサウンドにも期待は高まります。

Ninja ZX-25Rのさらに詳しい情報は11月1日発売の月刊オートバイ12月号で掲載予定です!

【現地撮影】Ninja ZX-25Rを5分間「全方位撮影」とくとご覧あれ!(4:54)

画像: 【全方位】Ninja ZX-25R 約5分間、全方位撮影してみました! youtu.be

【全方位】Ninja ZX-25R 約5分間、全方位撮影してみました!

youtu.be

【プロモーションムービー】Ninja ZX-25R

Ninja ZX-25R: Vol.1 Revealed!

画像: Ninja ZX-25R: Vol.1 Revealed! www.youtube.com

Ninja ZX-25R: Vol.1 Revealed!

www.youtube.com

Ninja ZX-25R: Vol.2 First Impression

画像: Ninja ZX-25R: Vol.2 First Impression www.youtube.com

Ninja ZX-25R: Vol.2 First Impression

www.youtube.com

KAWASAKI公式ホームページ

TMS2019 KAWASAKI 関連記事はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.