今から35年前、アクション映画に革命を起こした「ターミネーター」と、その7年後に映画史を塗り替える大ヒットを記録した「ターミネーター2」。この“伝説”を生んだ3人、アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、ジェームズ・キャメロンが奇跡の再結集を果たした「ターミネーター:ニュー・フェイト」。正真正銘、シリーズの正当な遺伝子を受け継ぐ最新作。期待度MAXの本作の見どころを要チェック!

「ターミネーター:ニュー・フェイト」とは?

アーノルド・シュワルツェネッガーを世界のスーパースターに押し上げた史上最強のアクション映画「ターミネーター」シリーズ。アクション映画に革命をもたらした第1作、その続編にして映画史上類を見ない“感動アクション”として世界中で爆発的ヒットを記録した第2作。そして今、その最新作が28年の時を経てついにスクリーンに登場する。

実は2作目の後、シリーズは3本の“続編”が作られた。しかし今回の新作のポイントは、シリーズの生みの親ジェームズ・キャメロンが製作者として戻ってくること。さらにサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンもカムバックする。それはつまり本作が、伝説の「ターミネーター2」の正当な続編だということ!シュワルツェネッガー、リンダ、キャメロンがタッグを組む以上、ハンパなアクションが許されるわけがない。見たこともないくらい大スケールでスペシャルでノンストップな度胆を抜く映像がくり広げられる、と本人たちも語っている。さらに「ターミネーター2」を唯一無二のアクション映画に仕立てた“心震わせる感動”も今作に期待したいポイント。

そんなレジェンドたちを囲む若き俳優たちにも注目。未来から来たスーパー・ソルジャー役で驚異の限界アクションを見せるマッケンジー・デイヴィス。人類の未来を担う女性を演じるナタリア・レイエス、最強のターミネーターREV-9を演じるガブリエル・ルナなど。さらに監督が「デッドプール」のティム・ミラーというのも大きな話題。「ターミネーター」の大ファンだった彼がどんな新たな伝説を作るのか、ファンは括目!

なぜ今度の「ターミネーター」は見るべき作品なのか?

理由1:
シリーズの神にして世界の巨匠、ジェームズ・キャメロンが復帰!

画像: Photo by Getty Images

Photo by Getty Images

「ターミネーター」シリーズを生み出したのは、あの「タイタニック」「アバター」を作ったジェームズ・キャメロン監督。彼が監督・脚本を務めた「ターミネーター」と「ターミネーター2」はSFアクション映画の金字塔となり、この2本の世界観こそが「ターミネーター」シリーズすべての礎になった。ところがキャメロンがターミネーターの権利を譲渡したため、後の続編はさまざまな製作会社により作られることに。その権利が2019年、やっとキャメロンのもとに戻ってきた。そして今回、彼は製作・脚本として完全復帰。あの感動が、あのアクションが再び帰ってくるのだ!

画像: キャメロンの指揮のもと新たな物語が始まる

キャメロンの指揮のもと新たな物語が始まる

理由2:
シリーズの女神にして強さの象徴、リンダ・ハミルトンが復帰!

画像: 「T2」を彷彿させるリンダのクールな魅力が炸裂

「T2」を彷彿させるリンダのクールな魅力が炸裂

「ターミネーター」の大ファンであるティム・ミラー監督曰く『「ターミネーター」シリーズの本当の主人公はサラ・コナーなんだよ』。ところがジェームズ・キャメロンの手を離れて作られた「ターミネーター3」は、白血病で死去したという設定で、シリーズからサラ・コナーを抹消してしまった。これは大きな間違いだと思ったミラー監督は、今回ついにサラ・コナーを復活させた。それもシリーズのアイコンともいうべきリンダ・ハミルトンを起用して。ファンの熱狂はすさまじかった。今までの続編に欠けていた最後のピースがやっと揃ったのだ!彼女の強さと荒々しさが、28年の時を経て再びスクリーンに炸裂する。

理由3:
シリーズの顔にして世界のキング、シュワルツェネッガーの貫録!

画像: シュワとリンダの2ショットバトルに震える

シュワとリンダの2ショットバトルに震える

彼なしではシリーズはあり得ないミスター・ターミネーターことアーノルド・シュワルツェネッガー。シリーズの1~2作目で最凶の抹殺者から最強の守護者へと変貌し、そのラストでは溶鉱炉へ沈んだはずのT-800。だが彼は生きていた。そして28年の歳月を経て、再び最強の守護者としてサラたちのミッションに手を貸す。惚れ惚れするような圧倒的なパワフル・アクションはもちろんだが、やはり感激なのはリンダ・ハミルトンとの2ショットで魅せる伝説の大迫力アクション。ファンはこの瞬間を28年間、待っていたのだ!

理由4:
「デッドプール」のヒットメーカー、ティム・ミラーが監督!

画像: リンダを演出中のミラー監督

リンダを演出中のミラー監督

「ターミネーター」シリーズの新たな運命の幕開けにふさわしい監督として選ばれたのがティム・ミラー。「デッドプール」で映画の定石をぶち壊し、世界中から喝采を浴びた気鋭の監督だ。SFオタクを自認する彼にとって「ターミネーター」1、2作はバイブルのような映画。そして『今作こそが本当の「ターミネーター3」だ!』と力説する彼がこだわったのが、“サラ・コナーの復活”と“敵REV-9の強烈さ”。その言葉通り、REV-9の常識破りのアクションとこれまでの敵役になかったユニークなキャラクター像は必見!

画像: ミラー監督がこだわり抜いた敵役REV-9

ミラー監督がこだわり抜いた敵役REV-9

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.