東京モーターショー2019のダイハツブースには、見慣れないコンパクトSUVが2台展示されていた。ボードには「新型コンパクトSUV(市販予定車)」と書かれている…!?

車名は懐かしの「ロッキー」が復活!? 発表予定は11月初旬か

ダイハツは「つどい〜みんなの暮らしをあたたかく〜」をテーマとしたダイハツ ヴィレッジと呼ばれるブースを展開。ワールドプレミアとなるコンセプトモデルを4車種も出展するという情報は、以前にも当サイトで紹介した。

ダイハツのブースでは、ステージに前述の4台が展示され、平場にコペンGRスポーツを含む最新モデルが展示されていたのだが、見慣れないコンパクトSUVが赤白1台ずつ展示されていた。ボードには「新型コンパクトSUV(市販予定車)」と書かれている。これは想定外のサプライズ出展だ!

画像: 2トーンのルーフや、リアコンビランプをつなぐガーニッシュがオシャレだ。

2トーンのルーフや、リアコンビランプをつなぐガーニッシュがオシャレだ。

これが間もなく発表されると噂されている「ロッキー」のようだ。現在公表されているスペックを紹介すると、ボディサイズは全長3995×全幅1695×全高1620mm、ホイールベースは2525mmと、かなりコンパクト。エンジンは996ccの直3 DOHC+インタークーラー付きターボで、最高出力は72kW(98ps)/6000rpm、最大トルクは140Nm(14.3kgm)/2400-4000rpmを発生。組み合わされるトランスミッションはCVT。タイヤサイズは195/60R17。展示車の駆動方式はFFで車両重量は980kgとなっていたが、もちろん4WDも設定される。乗車定員は5名。

トヨタ RAV4の弟分的なスタイルはコンベンショナルなSUVらしく、しかも街中でも扱いやすいコンパクトサイズだから人気を呼びそう。展示車は2トーンのルーフだったが、これも当初から2トーンを意識してデザインされたそう。インテリアの質感も高く、メーターの大半に液晶モニターを装備しているという。プラットフォームにはタントに続くDNGAを採用しているから、その走りにも期待できそうだ。

画像: インテリアの質感も高そうだ。

インテリアの質感も高そうだ。

この「ロッキー」と名づけられそうな新型コンパクトSUV、2019年11月初旬には発表と噂されている。ちなみに、このモデルはトヨタにもOEM供給され、こちらの車名は「ライズ」となるようだ。いずれにせよ、市販モデルの詳細がわかり次第紹介していく予定だ。

東京モーターショー2019関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.