10月23日、マツダはCX-8に利便・快適装備充実の商品改良と特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」の追加を行ったと発表。受注は同日より開始され発売は11月28日よりとなる。

使い勝手がさらに向上

3列シートのSUVとして人気のマツダCX-8に商品改良が行われた。今回の改良ポイントのキーワードは「利便性と快適性の向上」で、電動スライドガラスサンルーフや3列シートへのUSB端子装備、荷室のサブトランクボックスの容量の拡大などが行われている。

また、SKYACTIV-G 2.5モデルに4WDを、SKYACTIV-G 2.5Tモデルに2WDが追加し、すべてのエンジンタイプにおいて2WDと4WDの選択が可能となっている。パワートレンの選択肢が増えることは大きなメリットとなりそうだ。

商品改良に併せて、2列目の同乗者がより快適なドライブが楽しめる特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」の追加が2.5TグレードとXDグレードに行われた。2列目シートのキャプテンシート(アームレスト付コンソール装備)にマツダ車初となる電動スライド&リクライニング機構とベンチレーション機能を装備され、ちょっとリッチな気分が味わえる仕様となっている。

■車両価格(消費税込)=25S(2WD)294万8000円〜XD Exclusive Mode(特別仕様車/4WD)489万0600円

画像: 商品改良を機により快適装備が充実したマツダCX-8。

商品改良を機により快適装備が充実したマツダCX-8。

画像: Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)の2列目キャプテンシートにはマツダ車初となる電動スライド&リクライニングが装備される。(写真はXD L Package)

Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)の2列目キャプテンシートにはマツダ車初となる電動スライド&リクライニングが装備される。(写真はXD L Package)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.