伝説のアクション・スター、チャールズ・ブロンソンの激似俳優ロバート・ブロンジーが映画初主演を果たした衝撃のバイオレンス・アクション『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』が2019年12月20日(金)より公開。このたび特報映像が公開された。

YouTube

www.youtube.com
画像1: もはや本人⁉  チャールズ・ブロンソンそっくりさんの激似映像が初公開
画像2: もはや本人⁉  チャールズ・ブロンソンそっくりさんの激似映像が初公開

“デス・ウィッシュ”の主人公が帰ってきたかのような痛快さ

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』、『さらば友よ』、そして『狼よさらば』で始まる“デス・ウィッシュ”シリーズなど、ワイルドな存在感とあふれる男気で、2003年に81歳で世を去った後も、根強い人気を誇り映画ファンに愛され続ける伝説のアクション・スター、チャールズ・ブロンソン。今、1本の映画によって、「ブロンソンが蘇った!」と全世界が沸いている。

その映画こそ、あまりの激似ぶりに映画業界騒然のニュースター、ロバート・ブロンジーが映画初主演を果たした衝撃のバイオレンス・アクション『野獣処刑人 ザ・ブロンソン』。

ブロンジーが演じるのは、どこからともなく現われ、非情の銃弾で街のダニどもを片っ端から容赦なく射殺し、退治する謎の男K。彼が去った後には悪人たちの死体の山が築かれていく。地元ラジオのDJは、多発する凶悪犯罪に対応できない警察に怒りの声を上げ、極刑の必要性を訴える。やがてKは、幼い少女を二度と歩けない体にした冷酷な麻薬組織のボスを追い詰めていく…。

このたび本作の特報が完成。動くブロンジーの映像はこれが日本初公開。ブロンソンに驚くほどそっくりな容姿と、まるで生き写しのようなアクションが確認できる。寡黙に、ただひたすら悪人たちを倒していく孤高のヒーローの大活躍は、まさに“デス・ウィッシュ”シリーズの主人公ポール・カージーが帰ってきたかのような痛快さだ。

また、本作のキャンペーンのためロバート・ブロンジーの初来日が決定。新宿武蔵野館での舞台挨拶つきジャパン・プレミア特別先行上映も予定されている。

野獣処刑人 ザ・ブロンソン
2019年12月20日(金)より、新宿武蔵野館にてロードショー
配給:エデン
©2018 Action Film Partners LLC. All RIGHTS Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.