【AD】もっと上手くなりたいけど、どうしていいかわからない。そんな時に軽量アンダーパワーのバイクを操るための『ヒント』が舞い込んできました。その走らせ方っていうのが、本当に目からウロコ。スズキのGSX-R125/S125がスキルアップの扉を開く!?

ライダーとしてレベルアップしたい……

バイクって普通に運転するだけなら難しくないけど、上手くなりたい!って思うと本当に奥が深い。

だからこそ楽しいんですけど、上達するためにどうしたらいいかわからず、最近は本気で『自分はもう今より上手くなることは無い』と諦めていたんです。

そんな折に編集部で某元国際A級の超上手いライダーさんと話していた時のこと。

「小さくて軽いバイクが苦手なんですけど、どうやって乗るんですかね?」

と軽く話を振ってみたところ

『ああ、軽いバイクはフワッと乗るんだよ、フワッと

っていう答えが返ってきました。

……………。

さすがだ。

レベルが高すぎて何を言っているかサッパリわからん。

画像: ライダーとしてレベルアップしたい……

でも最近ちょっと行き詰っていたので、ここは食い下がってみました。

すると

『えーっとな、要するにサスをあまり動かさないように乗るんだよ』

え……っ?

ブレーキで積極的にフロント荷重を作って、じゃなくて?

スロットルオンで後輪に荷重を掛けて、じゃないの?

『そういうバイクってタイヤの限界も低いだろ? 無理にフロントに荷重掛け過ぎると前輪が切れ込んで転ぶよ。それにパワーが無いから、スロットル開けてもそんなに後ろに荷重なんて掛からないだろ? だからフワッと乗るんだ』

軽い衝撃。

今までの乗り方、ほぼ全否定。

これを聞いて、久々に「上手くなりたい欲」が急上昇した訳です。

選ぶならスズキのGSX-R125か、GSX-S125しかない

この話を聞いた瞬間に、乗るべきバイクは頭に浮かんでいました。

スズキのGSX-R125か、GSX-S125しかありません。

理由は前後17インチホイールであること、そして純粋なスポーツバイクとして設計されていること。

このふたつが無ければ、もし『何か』を感じられても、その走らせ方をすぐに他のバイクに落とし込めないと思ったからです。

スズキ『GSX』の名を持つ本格派125ccスポーツ

画像: スズキ『GSX』の名を持つ本格派125ccスポーツ

スズキのGSX-R125はフルカウルスポーツで、GSX-S125はネイキッドスタイル。

車両重量はRが134kg。ネイキッドのSは1kg軽くて133kgです。

そして排気量125ccのエンジンは最高出力15馬力。

125ccとしてはかなり高性能ですけど、数字的には250ccに乗っている人から見てもパワーは取るに足らない印象でしょう。大型バイクのライダーにとっては尚更だと思います。

だけどこの2台がスゴいのはその作りこみ。

ピュアなスポーツバイクを、そのまま125ccにした本格派なんです。

GSX-R125 ABS

画像: GSX-R125 ABS

GSX-R125 ABS

この2台は、乗り心地だけを重視せず『走ること』が常に念頭に置かれています。

もちろん街乗りに使えば軽くて機敏。快適さだって十分。

だけど、それだけじゃない。

ちゃんとスポーツバイクとして作られている。

そこがけっこう大事なんです。

排気量の大きなスポーツバイクと設計思想が同じ路線にあること。

それが『上手くなるためのバイク』として、このバイクを選んだ最大の理由でした。

GSX-S125 ABS

画像: GSX-S125 ABS

そして前後ホイールが17インチなのも、同じくらい重要視しました。

125ccクラスだと小径ホイールでスポーティなバイクもありますが、今回は『バイク全体をもっと上手くなりたい』という気持ちがスタートラインなので、前後17インチのほうが感覚として近い。

小径ホイールはまたフィーリングが違いますから全体的なスキルアップを狙うなら、17インチのほうが得るものが多いだろうと考えた次第です。

原付二種/125ccで『走りの極意』は掴めるか?

画像: 原付二種/125ccで『走りの極意』は掴めるか?

今回はかなり気合を入れてますので、上下レザーのライディングウェアを装備。

カタチから入ることで自らのテンションを上げます(笑)

極意たる『フワッと走る』は体感できるのか?

次ページで実走!

しかし……その前に大きなハードルがっ!?

画像: 次ページ:目ざとい人は気づいているかもしれませんが……

次ページ:目ざとい人は気づいているかもしれませんが……

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.