2019年10月11日、FCAジャパンはアルファロメオ ジュリアとステルヴィオにF1グランプリへの参戦を記念し、さまざまな性能向上プログラムを施した限定車「F1トリビュート」を発売した。2台のディテールを写真で見ていこう。

専用設計されたエアロパーツに、エンジンもチューニング

ジュリアはアルファロメオのプレミアムスポーツサルーン、ステルヴィオはプレミアムSUVだ。今回の特別限定車「F1トリビュート」は、両車ともトップグレードのクアドリフォリオをベースに、さまざまな専用パーツが装着されている。

エアロパーツは、ザウバーエンジニアリングとの共同開発で専用設計された。さらに専用エンジンチューニングとアクラポヴィッチ社製のエキゾーストシステムにより、最高出力は10psアップの520psとなっている。ブレーキにはカーボンセラミックもおごられている。インテリアも、専用パーツでスポーティな雰囲気が高められている。

限定台数は、ジュリアが6台、ステルヴィオが4台。車両価格(10%税込)は、ジュリアが1459万円、ステルヴィオが1495万円となっている。

■アルファロメオ ジュリア F1トリビュート(ステルヴィオ F1トリビュート) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4635×1865×1435mm(4700×1955×1680)
●ホイールベース:2820mm
●重量:1710kg(1910)
●エンジン種類:V6 DOHCツインターボ
●排気量:2891cc
●最高出力:383kW<520ps>/6500rpm
●最大トルク:600Nm<61.2kgm>/2500rpm
●トランスミッション:8速AT
●タイヤサイズ:前245/35ZR19、後285/30ZR19(前255/45R20、後285/40R20)
●車両価格(税込み):1459万円(1495万円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.