スズキ GT185 1977年 4月

「高速道路を走れる新排気量」を売りに74年にデビュー。当時の2スト車には珍しいセルを装備していた。その77年型は灯火類の形状を変更。

●空冷2スト・ピストンバルブ並列2気筒●184cc●21PS/7300rpm●2.1kg-m/6500rpm●126kg●2.75-18・3.00-18●23万円
記事本文に戻る

人気記事

This article is a sponsored article by
''.