ヤマハ XT500 1976 年2月

輸出用エンデューロモデルのTT500をベースに開発された、当時国内最大排気量を誇った4ストビッグオフローダー。TT譲りのパワフルで豪快な走りがオフロードファンに愛された。その空冷2バルブOHCというエンジンは改良を受けつつも、現行のSR400に引き継がれている。

●空冷4ストOHC2バルブ単気筒●499cc●30PS/5800rpm●3.9kg-m/5400rpm●139kg●3.00-21・4.00-18●37万円
記事本文に戻る

人気記事

This article is a sponsored article by
''.