セレブたちって普段はどんな毎日を過ごしているの?そんな疑問はInstagram調査隊にお任せを!
今回はセレブはセレブでも“撮る側”の人たち。 日常がベールに包まれた映画監督たちに密着!(文・石井エリカ/デジタル編集・スクリーン編集部)

06:ケリー・フクナガ

いま監督界で一番アツい男、それはケリー・フクナガ!!!日本・スウェーデン・ドイツなどにルーツを持ち、その美貌はファッション誌の表紙を飾るほど...そりゃミシェール・ウィリアムズとも噂流れるわ〜。最新作は007シリーズの25作目。出演してくれ!

07:スパイク・リー

代表作『ドゥ・ザ・ライト・シング』の公開30周年記念として、ホームタウンのブルックリンでパーティーを開いたスパイク・リー。当日は地元のキッズたちで溢れ、大盛況だった模様!いくつになっても地元を、仲間を、愛する姿勢を尊敬します。DoTheRightThing!

08:グレタ・ガーウィグ

この年末全米公開のグレタ・ガーウィグ版『若草物語』。エマ・ワトソン、シアーシャ・ローナン、メリル・ストリープ、みんな大好きティミー!など、豪華すぎる出演陣にもワクワクが止まらんです。監督・脚本・出演とマルチにこなす彼女はまさに次世代セレブ。

09:グザヴィエ・ドラン

監督最新作『Matthiaset Maxime』を引っ提げ、今年もカンヌ入りしていたグザヴィエ・ドラン。どういう状況なのかわかんないけど、こんなふざけた写真をアップしていらっしゃいました。それにしても相変わらずジェンダーレスかつ圧倒的美...!天は二物を、与えとる〜!

10:ジョエル・エドガートン

『ザ・ギフト』『ある少年の告白』など着実に監督としての手腕が評価されている感のあるジョエル・エドガートン。今秋にはティミーとの共演も話題の、ネトフリオリジナル映画『キング』に出演。これをきっかけに次回作で起用、という流れ、期待してます。

セレブの日常に注目!過去のインスタ調査隊はこちらからどうぞ!

セレブ密着24時!全米注目の新人セレブ10選【インスタ調査隊】

セレブ密着24時!セレブなウェディング編【インスタ調査隊】

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.