10月9日発売の「X-MEN:ダーク・フェニックス」ブルーレイ&DVDより、ジェームズ・マカヴォイとマイケル・ファスベンダーのインタビュー映像が解禁された(先行デジタル配信中/発売元:フォックス・HE)。

最後のX-MENいよいよ明日リリース!

マーベル史上最高の5億部超えの総発行部数を誇り、今や映画界を席巻するマーベルが最初に放った『X-MEN』。シリーズ最終章となる『X-MEN:ダーク・フェニックス』のブルーレイ&DVDが、明日10月9日(水)にリリースされる(先行デジタル配信中)。

本作は、『X-MEN』の原作コミックの中でも最重要作と言われる「ダーク・フェニックス サーガ」を映画化。X-MENの主要メンバーで女性ミュータントのジーン・グレイの心の闇に潜んでいたもう一つの人格“ダーク・フェニックス”の覚醒・暴走により、最強の味方が最凶の敵となり、人類滅亡の脅威としてX-MENの前に立ちはだかる。

このたび明日のブルーレイ&DVDリリースに先駆け、プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビアを演じたジェームズ・マカヴォイと、マグニートー/エリック・レーンシャーを演じたマイケル・ファスベンダーの2人が、自分の演じたキャラクターについて語るインタビュー映像の一部が公開された。

画像: 【X-MEN:ダーク・フェニックス】ジェームズ・マカヴォイ×マイケル・ファスベンダー特別インタビュー youtu.be

【X-MEN:ダーク・フェニックス】ジェームズ・マカヴォイ×マイケル・ファスベンダー特別インタビュー

youtu.be

X-MENの敵となったジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)がエリックに対して「感情をコントロールできない」と相談に来る場面は、本作の中でもかなり印象的。このシーンに対してファスベンダーが「エリックを(感情をコントロールできない)同類だと思ったのかな?」と言うとマカヴォイは思わず爆笑。 一方、マカヴォイはこれまでのチャールズについて「(X-MENシリーズ4作目の)ファースト・ジェネレーションの時もチャールズのエゴは垣間見えていたが、危険な人物ではなかった」と語る。しかし「今回は政治的な地位を手に入れ、大統領の座も見え始めてきたことで、大切な仲間たちをまるで消耗品のように使うんだ。ひどい話だがね……」と振り返った。チャールズが大切な仲間に対して抱く感情の変化にも注目だ。

画像: プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビア(演:ジェームズ・マカヴォイ)

プロフェッサーX/チャールズ・エグゼビア(演:ジェームズ・マカヴォイ)

画像: マグニートー/エリック・レーンシャー(演:マイケル・ファスベンダー)

マグニートー/エリック・レーンシャー(演:マイケル・ファスベンダー)

4作にわたり共闘してきたチャールズとエリックの旅路もこれが最後。貴重な特別インタビューをお見逃しなく!

画像: 『X-MEN:ダーク・フェニックス』 10月9日(水)ブルーレイ&DVDリリース、デジタル配信中 2枚組ブルーレイ&DVD ¥4,000+税 <4K ULTRA HD+2Dブルーレイ/2枚組> ¥6,000+税 発売・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン © 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『X-MEN:ダーク・フェニックス』
10月9日(水)ブルーレイ&DVDリリース、デジタル配信中
2枚組ブルーレイ&DVD ¥4,000+税
<4K ULTRA HD+2Dブルーレイ/2枚組> ¥6,000+税
発売・販売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
© 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.