ロケット商会 クインロケットOR 1956 年

1951年に三菱製エンジンを積んだクインロケットMRでデビュー。192ccのARで人気が上がり、59年には250ccクラストップのスペックを持つクインロケットORを発売した。この頃からエンジンは同じ浜松の榎村鉄工製に変わっている。ロケット商会は1961年にバイク製作から撤退した。
記事本文に戻る

人気記事

This article is a sponsored article by
''.