プジョー・シトロエン・ジャポンが2019年10月19日~10月26日の期間で、車両展示イベント「プジョーショー2019 アンボーリング・ザ・フューチャー(PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-)」を開催する。会場は東京都港区にある六本木ヒルズ。

新型車両の展示だけでなく、試乗会も開催

4ドアファストバックのスポーティセダン508や、そのステーションワゴンモデル508SWといったニューモデルを2019年に相次いで日本デビューさせてきたプジョーは、この他にも新型モデルを控えていると言われてる。すでに欧州デビューし、日本導入間近とウワサされるモデルがいくつかあるのだ。

そのプジョーが、なんと独自のイベント「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」を開催することを発表してきた。

開催期間は2019年10月19日〜26日の8日間で、東京都港区にある六本木ヒルズの大屋根プラザ・ヒルズ カフェ/スペースを会場とする。しかも車両の展示だけでなく、508SWや3008、308SWといった現行モデルを用意して周辺エリアでの試乗もできるのだという。

画像: 東京・六本木で開催される「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」の会場予想図。

東京・六本木で開催される「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」の会場予想図。

また日本初公開のモデルがいくつか用意され、これは本イベントの目玉となりそうだ。なかでも新型208は2019年3月に世界初公開されたモデルで、2020年第3四半期での日本発売を予定している注目のコンパクトカー。最新のADAS(先進運転支援機能)や新エンジン搭載などのニュースだけでなく、電気自動車「e-208」のラインアップも気になるところ。

実はこの新型EVもこの会場でお披露目される。136hp/340Nmを発生するモーターと容量50kWhのバッテリーを搭載し、1回の充電で最大340km(WLTP)/450km(NEDC)の走行ができるという。こちらも2020年第3四半期の国内発売を予定している。

同じく日本初となる「RIFTER(リフター)」も注目株だ。イベント前日となる10月18日に発表・発売されるMPVで、アウトドアからビジネスまで様々なシーンでの活躍が期待される。ボクシーでSUVテイストも感じられるコンセプトで、さらに2列シート/3列シートバージョンを用意して2018年2月に欧州デビュー。それ以来日本でも注目され、ついに導入されるという。(展示車は欧州仕様)

画像: プジョー リフター。欧州市場で2列シートと3列シートの両モデルが用意されているが、日本市場に両方導入されるかどうかは明らかとなっていない。

プジョー リフター。欧州市場で2列シートと3列シートの両モデルが用意されているが、日本市場に両方導入されるかどうかは明らかとなっていない。

PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE- 開催概要

開催期間:10月19日(土)~26日(土)
開催時間:11:00~20:00(試乗は11:00~18:00)
会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザおよびヒルズ カフェ/スペース
住所:東京都港区六本木6-10-1
主催: プジョー・シトロエン・ジャポン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.