ニコンはフルサイズミラーレスZシリーズ用の交換レンズ「NIKKOR Z 24mm f/1.8 S」を2019年10月18日に発売する。価格は13万6600円(税別)

NIKKOR Z 24mm f/1.8 SはS-Lineに属する高性能レンズで、マウントはニコンZマウントを採用する。焦点距離24mmの広角単焦点レンズで、レンズ構成は10群12枚で、EDレンズ1枚、非球面レンズ4枚、ナノクリスタルコートを採用し、抜けのよいクリアーな画像が得られるという。
開放F値はF1.8と明るく、最短撮影距離も25cmと広角でもボケを活かした撮影も可能。AF駆動系にマルチフォーカス方式を採用し、収差を大幅に改善している。画像中央部はもちろん画像周辺部まで高い点像再現性を実現している。また鏡筒にはコントロールリングを採用し、使用状況に合わせた機能を割り当てることが可能。また各所にシーリングを施し、防塵・防滴に配慮した設計がされている。

画像: コントロールリングを採用し、M/A、絞り値、露出補正のいずれかに割り当てができる

コントロールリングを採用し、M/A、絞り値、露出補正のいずれかに割り当てができる

NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sのレンズ構成図

画像: Z 7に装着したNIKKOR Z 24mm f/1.8 S

Z 7に装着したNIKKOR Z 24mm f/1.8 S

NIKKOR Z 24mm f/1.8 S

●焦点距離:24mm
●レンズ構成:10群12枚(EDレンズ1枚、非球面レンズ4枚、ナノクリスタルコートあり)
●マウント:ニコンZマウント
●最小絞り:F16
●絞り羽根枚数:9枚(円形絞り)
●最短撮影距離:25cm
●最大撮影倍率:0.15倍
●画角:84°
●フィルター径:φ72mm
●大きさ:φ78×96.5mm
●重さ:約450g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.