ルポルタージュ、ポートレートを中心に雑誌、書籍、広告で幅広く活動されている写真家、公文健太郎さんの写真展「暦川」が銀座キヤノンギャラリーにて開催中です。
公文さんは、東北を代表する大河・北上川の源流から250km先の海へと続く河口まで、川の流れと共に旅をしました。春夏秋冬の移り変わりと川の表情、その地に生きる人々の営みを撮り、「暦川」と名付けることで、日本の川と人々の暮らしについて考えた本シリーズはカラー写真で展示されています。

川の一筋の流れが、自然と人を結び、
地と人を繋げ、人々の暮らしが生まれる

写真家、公文健太郎氏がとらえたのは、東北の大地を悠々と流れる北上川。一筋の湧き水から始まるその流れは、多くの支流と交わり大河となって、250km先の海へと続いています。
流域の農業は川がもたらした肥沃な大地のもと栄えました。また川の流れをつかい、ものを運ぶことで文化が発展しました。川に生きる命を享受し、また時に荒れ狂う川と共に生きてきた人々。
岩手県から宮城県にまたがるこの北上川を通し、日本人の営みの中を流れ続けてきた川の存在を見つめた写真展です。 (開催内容より)

画像: 写真家の公文健太郎さん。 公文さんは「人の営みがつくる風景」をテーマに、国内外で作品を制作。近年は日本全国の農風景を撮影し『耕す人』と題して写真展・写真集にて発表されています。 会場では新刊の写真集『暦川』(2019年・平凡社刊)も販売しています。

写真家の公文健太郎さん。
公文さんは「人の営みがつくる風景」をテーマに、国内外で作品を制作。近年は日本全国の農風景を撮影し『耕す人』と題して写真展・写真集にて発表されています。
会場では新刊の写真集『暦川』(2019年・平凡社刊)も販売しています。

画像: 展示風景。 中央には、飛び石のように作品が展示されています。それはまるで、飛び石の上をぴょんぴょんと跳ねながら川を渡っているかのようでした。

展示風景。
中央には、飛び石のように作品が展示されています。それはまるで、飛び石の上をぴょんぴょんと跳ねながら川を渡っているかのようでした。

公文健太郎写真展「暦川」展覧会情報

【東京】
会場:キヤノンギャラリー銀座
住所:東京都中央区銀座3-9-7 TEL:03-3542-1860
会期:2019年9月26日(木)~10月2日(水)
開館時間:10時30分~18時30分(最終日は15時まで)
休館日:日曜日、祝日

【大阪】
会場:キヤノンギャラリー大阪
住所:大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト1F TEL:06-7739-2125
会期:2019年10月17日(木)~10月23日(水)
開館時間:10時00分~18時00分(最終日は15時まで)
休館日:日曜日、祝日

トークイベント

【東京】
2019年9月28日(土) 11時~ 入場無料
ギャラリー内にてゲストに西野壮平さん(写真家)、ファシリテーターに小高美穂さん(キュレーター)をお迎えし、公文健太郎さん(写真家)とのギャラリートークが開催されます。

【大阪】
2019年10月19日(土) 11時~ 入場無料
ギャラリー内にてギャラリートークが開催されます。

公文健太郎写真展「川のある処」も開催中です。

キヤノンギャラリー銀座にて開催中の「暦川」と同時期に、目黒駅から徒歩5分のJam Photo Galleryにて「川のある処」と題した写真展も開催中です。川に抱かれたどこにでもある、どこかにある町を想像し、モノクロ表現でまとめた展示です。
会場:Jam Photo Gallery
住所:〒153-0063 東京都目黒区目黒2-8-7鈴木ビル2階B号室 TEL:050-5438-2134
会期:2019年9月24日(火)~10月6日(日)
開館時間:12時00分~19時00分(日曜日は17時まで)
休館日:月曜日

公文健太郎(クモン ケンタロウ)さんプロフィール

写真家。1981年生まれ。
ルポルタージュ、ポートレートを中心に雑誌、書籍、広告で幅広く活動。同時に国内外で「人の営みがつくる風景」をテーマに作品を制作。近年は日本全国の農風景を撮影し、「耕す人」と題して写真展・写真集を発表。現在、川や半島など土地の特徴と人の暮らしのつながりを探るシリーズを制作中。2012年「ゴマの洋品店」で日本写真協会新人賞受賞。

写真展
2004年1月 写真展「幸せと幸せの間に」世田谷文化情報センター生活工房
2006年11月-12月写真展「大地の花」みなと町神戸メリケン画廊
2009年7月 写真展「グラフィッチ」EMON PHOTO GALLERY
2010年11月 写真展「BANEPA」72GALLERY
2011年1月 写真展「BANEPA」EMON PHOTO GALLERY
2011年 写真展「ゴマの洋品店」全国キヤノンギャラリー巡回
2011年11月グループ展「PORTRAIT」EMON PHOTO GALLERY
2012年8月写真展「March 2011, Rio de Janeiro」駐日ブラジル大使館
2014年1月写真展「FÓOTKAT」ハッセルブラッドジャパンギャラリー
2016年8月-10月写真展「耕す人」キヤノンギャラリーS
2016年10月-12月 グループ展「EOS 5D特別企画展」全国キヤノンギャラリー
2016年11月-2017年3月 写真展「耕す人」Photo Gallery blue hole
2017年1月 写真展「耕す人」アイデムフォトギャラリーシリウス
2017年7月 写真展「英さんのバラ」ピクトリコショップ&ギャラリー
2019年1月-2月 写真展「地が紡ぐ」EMON PHOTO GALLERY

著書
写真集「大地の花 — ネパール 人々のくらしと祈り」(2006年・東方出版)
写真集「BANEPA — ネパール 邂逅の街」(2010年・青弓社)
写真絵本「だいすきなもの — ネパール・チャウコット村の子どもたち」(2007年・偕成社)
フォトエッセイ「ゴマの洋品店 — ネパール・バネパの街から」(2010年・偕成社)
写真絵本「世界のともだち7 ネパール 祈りの街のアヌスカ」(2014年・偕成社)
写真集「耕す人」(2016年・平凡社)
写真集「バラの花咲く家」(2017年・伊勢工房)
写真集「地が紡ぐ」(2019年・冬青社)
写真集「暦川」(2019年・平凡社)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.