クルマ擬人化マンガ「ウチのクルマがこんなに可愛いわけがない!?」…略して「ウチクル!?」の第35話。今回の主人公はランエボ第1期の集大成「三菱 ランサーエボリューションIII」だ。漫画:鈴木秀吉

ウチクル!?第35話「三菱 ランサーエボリューションIIIがこんなに可愛いわけがない!?」

画像1: ウチクル!?第35話「三菱 ランサーエボリューションIIIがこんなに可愛いわけがない!?」
画像2: ウチクル!?第35話「三菱 ランサーエボリューションIIIがこんなに可愛いわけがない!?」
画像3: ウチクル!?第35話「三菱 ランサーエボリューションIIIがこんなに可愛いわけがない!?」
画像4: ウチクル!?第35話「三菱 ランサーエボリューションIIIがこんなに可愛いわけがない!?」

ウチクル!?のバックナンバーはこちら

三菱 ランサーエボリューションIII(1995年1月27日発表)

従来モデルとなるランサーエボリューション IIからエンジンパワーを10ps向上、足まわりのセッティング最適化などにより運動能力をさらに向上させた「III」。0→400m加速テストでは、スカイラインGT-R(R33型)を凌ぐタイムを叩き出している。こうした走行性能だけでなく、ど迫力のエアロフォルムも人気要素のひとつ。フロントまわりの開口部やサイドスカート、リアスポイラーは大型化し、そのシルエットはWRCマシンさながら。

画像: 三菱 ランサーエボリューションIII。WRCで勝つための必須事項となった空力性能を、大きく高めたモデル。

三菱 ランサーエボリューションIII。WRCで勝つための必須事項となった空力性能を、大きく高めたモデル。

三菱 ランサーエボリューションIII GSR 主要諸元

●全長×全幅×全高=4310×1695×1420mm
●ホイールベース=2510mm
●車両重量=1260kg
●エンジン=直列4気筒 DOHC ターボ
●排気量=1997cc
●最高出力=270ps/6250rpm
●最大トルク=31.5kgm/3000rpm
●トランスミッション=5速MT
●駆動方式=4WD
●車両価格=296万8000円(発売当時)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.