永きに渡り紡がれてきた伝説と呼べる唯一の映画の完結編であり、スカイウォーカー家の物語を描く、最後の「スター・ウォーズ」、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が2019年12月20日(金)に日米同時公開となる。この度、日本版ティザーポスターが解禁となった。

フォースを巡る“光”と“闇”の戦いが、いよいよ完結。

この日本版ティザーポスターで注目すべきは、US版にはない「――すべて、終わらせる」というコピー。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米で1977年に公開されてから42年。スカイウォーカー家の物語を描く“完結編”であり、本作の公開でいよいよ長きに渡る歴史に幕を閉じることを強烈に印象付けた。

一作目から出演している唯一のキャストであるC-3PO役のアンソニー・ダニエルズは本作について「『スター・ウォーズ』歴史上、最高の『スター・ウォーズ』映画になるだろう。これまでは、1作目『エピソード4』が僕の一番のお気に入りだった。『スター・ウォーズ/新たなる希望』がね。でも今は、僕が『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』について知っているすべてのことからして、これが最高のものになるだろうと信じている」と語る。
そんな期待が高まる日本版ティザーポスターには、伝説のジェダイ ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎフォースの力を覚醒させたレイの持つ青のライトセーバーと、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継いだカイロ・レンが持つ赤のライトセーバーが交わる直前のビジュアルが初お披露目。青(=ライトサイド)のフォースをまとうレイと、赤(=ダークサイド)のフォースを放つカイロ・レンが向かいあい、長い歴史を締めくくる“最後の戦い”にふさわしい極限の緊迫感が漂うビジュアルとなった。

J.J.エーブラムス監督は、本ティザーポスターに描かれるシーンについて、「(レイとカイロ・レンが立つ場所が)どこかは言えないんだ」と、詳細を明かさない一方で「とてもクールなシーンだとは言える。みなさんに見てもらえるのが待ちきれないよ!」と自信をのぞかせる。加えてレイ役を演じたデージー・リドリーは「私はどこで戦っているか知っているわ。それはある建造物の上なのは確かよ」と全貌が分かるのはまだまだ先だと感じさせつつ、世界中のファンの期待を高めている

そしてレイとカイロ・レンの持つそれぞれのライトセーバーから強大なフォースが放たれているその背後に浮かぶ、パルパティーン皇帝の不気味な笑み。パルパティーンはこれまでのシリーズでアナキン・スカイウォーカーをダークサイドに導き、ダース・ベイダーを誕生させ、強大なフォースを持つルークをダークサイドに引き込もうとした。ルークとダース・ベイダーの戦いを引き起こしたまさに悪の元凶。本作でもルークの意志を受け継いだレイをダークサイドに堕とそうとしているのか?それとも全く別の思惑があるのか。そして日本版ティザーポスターに記載されてる唯一のコピー「—すべて、終わらせる。」これは誰の台詞なのか…?
完結編の謎が深まる中、42年間、恐怖と圧政で銀河の支配をもくろんでいたダークサイド“闇”と、それを防ぐライトサイド“光”のフォースを巡る戦いが、いよいよ今年の12月に終わりを迎える。

(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.