ルードヴィッヒ・クラウスは1950年代には、レーシングカー開発部門を指揮しており、伝説的なF1マシンのW196や、300SLRなどを開発した。これは300SLRのテスト風景。左端がクラウス。
記事本文に戻る

人気記事

This article is a sponsored article by
''.