2019年9月17日に、トヨタ カローラは12代目にフルモデルチェンジし、ワゴン版のカローラツーリングも同時に発表された。まずは両車のディテールを発表会場の写真から見ていこう。

日本の環境に合わせた専用ボディを開発

間もなく世界販売累計台数が5000万台に達するという、日本を代表するロングセラーカーのカローラ。今回のフルモデルチェンジで12代目となるが、グローバルモデルとデザインコンセプトは統一しながら、日本専用のボディを開発した。

とはいえ、ついにカローラも全幅が1700mmを超えて3ナンバー車となったが、ミラー格納時の車幅やドアの開け幅は従来型と同等にしたり、取り回しの良さに配慮した専用設計は、いかにもトヨタらしいと言えるだろう。

エンジンは、1.8L+モーターのハイブリッド、1.8Lバルブマチック、1.2Lターボの3種。駆動方式はFFが基本だが、ハイブリッドには4WDも設定される。トランスミッションは、ハイブリッドは電気式無段変速機、1.8LはCVT、1.2Lターボは6速MTと組み合わされる。

最新の予防安全パッケージ「トヨタ セーフティセンス」や、国内トヨタブランドとしては初めてスマートフォンに連携するディスプレイオーディオを標準装備するなど、安全&快適装備も充実している。

カローラ ハイブリッド G-X 主要諸元

●全長×全幅×全高:4495×1745×1435mm
●ホイールベース:2640mm
●重量:1330kg
●エンジン種類:直4 DOHC+モーター
●排気量:1797cc
●最高出力:72kW<98ps>+53kW<72ps>
●最大トルク:142Nm<14.5kgm>+163Nm<16.6kgm>
●トランスミッション:電気式無段変速機
●タイヤサイズ:195/65R15
●10%税込み価格:240万3500円

カローラツーリングS 主要諸元

●全長×全幅×全高:4495×1745×1460mm
●ホイールベース:2640mm
●重量:1310kg
●エンジン種類:直4 DOHC
●排気量:1797cc
●最高出力:103kW<140ps>/6200rpm
●最大トルク:170Nm<17.3kgm>/3900rpm
●トランスミッション:7速マニュアルモード付きCVT
●タイヤサイズ:205/55R16
●10%税込み価格:221万6500円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.