昭和は遠くなりにけり…だが、昭和生まれの国産スポーティカーは、日本だけでなく世界的にもブームとなっている。そんな昭和の名車たちを時系列で紹介していこう。今回は昭和61年発売のトヨタ スターレット ターボだ。

FR2ボックスは消えたが、韋駄天ターボが登場

トヨタ スターレット ターボ:昭和61年(1986年)1月発売

画像: FF化されてもコンパクトな2BOXスタイルは変わらず。テスト値で、最高速度は181.58km/h、0→400m加速は15.88秒という韋駄天ぶりを見せた。

FF化されてもコンパクトな2BOXスタイルは変わらず。テスト値で、最高速度は181.58km/h、0→400m加速は15.88秒という韋駄天ぶりを見せた。

トヨタのエントリーモデルであるスターレットは、昭和59年(1984年)10月のフルモデルチェンジで、それまでのFRからFFレイアウトに仕様変更した。当初、そのスポーティバージョンといえば1.3L SOHC12バルブ自然吸気エンジンを搭載するSiしかなかったが、パワーとサスペンションセッティングのバランスが良いFFスポーツであった。

画像: HIとLOのブースト圧2段切り替えで、最高出力はそれぞれ105/91psを発揮する。

HIとLOのブースト圧2段切り替えで、最高出力はそれぞれ105/91psを発揮する。

昭和61年(1986年)1月にはターボモデルのEP71型、通称「スタ・タボ」が追加された。これに搭載されたエンジンはレーザーアルファ 2E-TELU型で、ノンターボより23psアップの最高出力105psを発揮、181.58km/hの最高速度と15.88秒の0→400m加速をマークした。先代のKP61型が素直なドライバビリティを持つ典型的なFR2ボックスであったのに対して、EP71ターボは、シャシに対してオーバーパワーのため、挙動の激しいジャジャ馬的なFFライトウエイトスポーツになっていた。

1987年1月のマイナーチェンジでは、エキゾーストマニホールドおよびターボのインペラ形状を改良することなどで過給効率を向上、最高出力は110ps、最大トルクは15.3kgmにパワーアップした。高回転域でのパワーの伸びはボーイズレーサーらしく一段と高まった。足まわりも見直され、コーナリングレベルも向上した。エクステリアもフロントグリルやバンパーなどのデザインが変更された。

画像: シリーズ中、ターボ車のみ3本スポークのステアリングを装備する。

シリーズ中、ターボ車のみ3本スポークのステアリングを装備する。

また、モータースポーツ向けに無塗装のブラックバンパーや快適装備を簡略化したターボRというグレードも設定され、ジムカーナやダートトライアルで活躍した。

だが当時、若いユーザーは大きなボディと絶対的に高いパワーを持つクルマを求める傾向が高まり、おそらくはこのEP71型を最後に、スターレットはスポーティカーとしての認知から離れてしまったようだった。

画像: 1987年12月、ターボSは110psと15.3kgmにパワーアップ。フロントグリルなどのデザインも変更された。

1987年12月、ターボSは110psと15.3kgmにパワーアップ。フロントグリルなどのデザインも変更された。

スターレット 3ドア ターボS 主要諸元

●全長×全幅×全高:3770×1600×1380mm
●ホイールベース:2300mm
●重量:790kg
●エンジン型式・種類:2E-TELU型・直4 SOHCターボ
●排気量:1295cc
●最高出力:105ps/5600rpm
●最大トルク:15.2kgm/3600rpm
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:175/60R14
●価格:129万8000円

昭和の名車のバックナンバー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.