“最旬俳優”の筆頭ティモシー・シャラメと、「ムーンライト」など次々と話題作を発表する映画製作スタジオ“A24”が放つ「HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ」。“熱帯夜”という名にふさわしく、鑑賞後に熱を帯びた余韻が絡みつくような青春映画。アメリカでの初公開から2年を経て、ようやく日本で上映された本作について、シャラメが自身の若き日の体験を交えて語ってくれました。

ティモシー・シャラメ
プロフィール

画像: ティモシー・シャラメ プロフィール

1995年12月27日、 ニューヨーク市マンハッタン生まれの23歳。子役から活動を始め、TVドラマへの出演を経て「ステイ・コネクテッド」(2014)でスクリーンデビュー。「君の名前で僕を呼んで」(2017)のエリオ役でその名を世界に広めた。この秋は「荒野の誓い」(2019年9月6日公開)『、マイ・ビューティフル・デイズ』(2019年11月1日公開)と過去の出演作が立て続けに日本公開予定。

シャラメにときめく3つの理由

1. 圧倒的な美貌

憂いを帯びたグリーンの瞳と長い手足、そして輝くような白い肌。その圧倒的なまでの美貌は国も時代も超越し、名画や彫刻を彼の顔に置き換えたインスタのアカウントができるほど。シャラメの美は芸術品になっても違和感なし!

2. 卓越した演技力

名門高校の演劇科に在学中から頭角を現わし、TVドラマなどで活躍していた。彼をアカデミー主演男優賞候補に導いた「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督は、彼が17歳の時に配役を決めていたという。

3. 高いオシャレ偏差値

長身&痩身のシャラメはどんな服も着こなす生粋のファッショニスタ。とくにレッドカーペットなどで披露される体型を生かしたフォーマルスタイルは毎回注目の的。アカデミー賞授賞式での全身純白タキシードはもはや伝説......

作品を通してティーンの世界をリアルに見せたい

──「HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ」はどんな作品ですか。

「この映画は“ロマンス”と“大人へ成長していく過程”という二つのティーンエイジャーの感覚を描いたストーリーなんだ。作品を通じてティーンエイジャーたちのこういった世界をリアルに見せられていたらうれしいよ。そして1991年のケープコッドという設定もこの作品の重要なものの一つなんだ。

当時、大々的な取り締まりをしていなかったドラッグという大きな罪をこの作品では描いている。僕が演じたダニエルは、親友や親しい人たちとの関係性と、ドラッグの世界との狭間でばらばらに崩れていってしまう役なんだけれど、1991年のケープコッド、とくに東海岸という場所がこのテーマを描きやすくしていると思うよ」

──ダニエルというキャラクターを一言で表すとしたら?

「......“ティーンエイジャー”かな!(笑)」

──(笑)。この作品は若い世代を描いていますが、ご自身がティーンエイジャーの頃はどんなことに悩んでいましたか。

「自分の肌が気に入らなかったり、ロマンティックな相手や人生の相談相手が必要になったり......ティーンエイジャーの頃に抱えるいろいろな悩みは、自分の経験からも言えるけれど、とても普遍的なことだと思う。今回はそういったロマンティックな相手をマイカ(モンロー)演じるマッケイラが、そして人生の相談相手をアレックス(ロー)演じるハンターが担っているんだ」

── 若い頃の経験は本作に反映されていますか。

「そうだね。この作品はこうした若い頃の悩みが大きく関係しているから、自分の中からその感覚を拾いだしたり、周囲の似たような年齢の人たちを観察したりしてダニエルというキャラクターに活かしていったよ」

──ダニエルが恋に落ちるマッケイラ役のマイカ・モンローとは初共演ですね。

「マイカは素晴らしい女優。彼女とのストーリーは映画の主軸ではないのかもしれないけれど、彼女との共演は化学反応を起こせたと思う。とても頭のいい人で共演できてうれしかったよ」

──本作で長編監督デビューしたイライジャー・バイナムとの仕事はいかがでしたか。

「若い役者にとって複雑な役柄を演じられるチャンスはそう多くはないけれど、脚本家兼監督のイライジャー・バイナムは、この作品でティーンエイジャーのもつ複雑さを見事に描いてくれた。彼と一緒に仕事ができて本当によかった。彼の素晴らしい映画がクルーをひとつにしてくれたんだ。同世代のみんなと一緒に、これまでの現場とはまた違うやり方で作品を作り上げることができたよ」

──作品を通じて伝えたいことは?

「ティーンエイジャーの頃は、周囲のいろいろな出来事や経験すべてに影響され、自分は一体何者なんだろう、周りからどう思われてどんな風に見られているんだろうといったことに悩んだり、それぞれに他の家族とは違う自分の両親との関係に悩んだりしている。

いろいろな感情や体験が混ざっては清算され、一人の人を作り上げていく過程なんだと思う。大人になる少し前のこの世代特有のこういった体験や経験、感覚を、作品を通して感じてもらえたらうれしいな」

Now Showing

\シャラメ&ひと夏の経験/
「HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ」

画像: “最旬俳優”筆頭!シャラメにインタビュー&ときめき3ポイント

1991年、父を亡くし、小さな町ケープコッドの叔母の家で夏を過ごすことになったダニエル(シャラメ)。一匹狼のハンター(アレックス・ロー)と意気投合し大麻を売る一方で、彼の妹の美女マッケイラ(マイカ・モンロー)と恋に落ちる。内気な少年から自信に満ちた青年に進化していくシャラメが最高にクール!

配給:ハピネット

© 2017 IMPERATIVE DISTRIBUTION, LLC. All rights reserved.

Coming Soon

\ブレーク前の出演作/
『マイ・ビューティフル・デイズ』

2019年11月1日(金)公開

画像: \ブレーク前の出演作/ 『マイ・ビューティフル・デイズ』

2016年製作のシャラメ出演作が日本上陸!シャラメの役はリリー・レーブ演じる教師に恋心を抱く、人付き合いが苦手な高校生ビリー。思いを寄せる教師を引率に、個性的な仲間たちと演劇大会に参加する。劇中の独白シーンでは、のちにアカデミー主演男優賞候補となる彼の演技力の片鱗が垣間見える。

配給:ファインフィルムズ

© 2016 Young Dramatists, LLC. All Rights Reserved.

シャラメ情報まだまだ!

ティモシー・シャラメをもっと知るための15の事柄

ティモシー・シャラメ最新作
『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』公開決定!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.