富士フイルムは小型軽量Xシリーズのエントリー機の最新モデル、X-A7を発表した。発売は2019年10月下旬予定。価格はレンズキット(キットレンズはXC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ)で9万1260円(税込)。

X-A7はベイヤーセンサー搭載のエントリー機X-A5の後継モデル。新開発のイメージセンサーを搭載し、エントリークラスでは初となる銅配線を採用。有効画素数は2424万画素で、センサーサイズはAPS-Cサイズ。AFは位相差画素をセンサー全面に配置し、位相差画素数をX-A5と比較して8.5倍に増やしたことで動体追従、低照度オートフォーカス、顔・瞳オートフォーカスにおいて飛躍的な性能向上を実現している。液晶モニターは276万ドットと高精細で大型3.5インチ16:9ワイドタッチ液晶を搭載。さらにXシリーズ初となるバリアングル構造を採用して、ハイアングル、ローアングル、自分撮りなどあらゆる撮影ポジションに対応できる。
またカメラまかせで写真が撮れる「アドバンストSRオート」に「ブライトモード」を搭載。タッチボタンによる操作一つで、HDR合成技術などにより、より明るく鮮やかな写真を撮影できる。またシーンポジションに「ライトトレイル」を追加。光の軌跡を、ライブビューで確認しながら長露光で簡単に撮影することが可能。
実写レビューは月刊カメラマン10月号にて掲載!

画像: X-A7シルバー正面

X-A7シルバー正面

画像: X-A7上面

X-A7上面

画像: X-A7背面

X-A7背面

画像: Xシリーズ初のバリアングル式モニターを採用

Xシリーズ初のバリアングル式モニターを採用

画像: X-A7キャメル。カラーはシルバーのほかにキャメルの2色

X-A7キャメル。カラーはシルバーのほかにキャメルの2色

FUJIFILM X-A7

●レンズマウント:Xマウント
●撮像素子:CMOSセンサー
●センサーサイズ:APS-Cサイズ(23.5×15.7mm)
●有効画素数:約2424万画素
●連続撮影速度:最高約6コマ/秒(JPEG:約13枚)
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード
●ISO感度:ISO200-12800(拡張:ISO100、25600、51200)
●液晶モニター:3.5型 バリアングル式TFT(276万ドット)タッチパネル式
●大きさ:119×67.7×41.1㎜
●重さ:320g(バッテリーとメモリカードを含む)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.