ブランドの枠を超えてワールドワイドで益々活況を呈するSUVマーケット。この連載企画では、国産・輸入車を問わずSUVの「今」を感じられるモデルを順次紹介していく。今回紹介するのは「ポルシェ カイエン」だ。

シリーズ最強モデルのカイエンターボ

ポルシェが作ったSUVとして話題になったカイエンは、SUVの「S」より「U」が求められる時代の流れにマッチしたこともあり、初代と2代目の累計で77万台以上を販売するという大人気を博した。今やスーパーカーメーカーが相次いでSUVを投入しているのも、カイエンの成功を受けてのことに他ならない。

2017年に発表された3代目は、カイエン、カイエンS、カイエンターボの3グレードでスタートし、2019年にはクーペとE-ハイブリッドを追加してシリーズの充実を図ってきた。その最強モデルに君臨するのが、直噴の4L V8ツインターボを積むカイエンターボだ。

カイエン ターボのエンジンは3代目のために新開発されたもので、シリーズ唯一の8気筒となる。2基のターボをVバンクの中央に搭載するセンターターボレイアウトで排気経路を短縮し、ターボラグを最小限に抑え、レスポンスを高めているのが特長だ。

最高出力/最大トルクは、先代ターボより30ps/20Nm強力な550ps/770Nmを発生。ZF製8速AT(ティプトロニックS)と電子制御多板クラッチ式フルタイム4WDのPTM(ポルシェトラクションマネージメントシステム)を介して最高速度286km/h、0-100km/h加速4.1秒(スポーツクロノパッケージ装着車は3.9秒)という、ポルシェの名に恥じない高性能ぶりを発揮する。同時に1960~4500rpmで最大値を維持するトルクが11.9~11.7L/100kmの低燃費実現に貢献しているのも、最新エンジンならではの性能だろう。

画像: 最高速度286km/h、0-100km/h加速4.1秒(スポーツクロノパッケージ装着車は3.9秒)のポテンシャルを有するカイエンターボ。

最高速度286km/h、0-100km/h加速4.1秒(スポーツクロノパッケージ装着車は3.9秒)のポテンシャルを有するカイエンターボ。

最強のパワーを受け止める最強の足回り

こうしたスーパーカー並みの動力性能を受け止めるため、フットギアは、前10ピストンのブレーキや、前285/40、後315/35の前後異サイズ21インチタイヤを標準装備する。とくにスチール製ブレーキディスクとセラミックコーティングを組み合わせたPSCB(ポルシェ サーフェス コーテッド ブレーキ)は、優れたレスポンスと耐フェード性を発揮。オプションのPCCB(ポルシェ セラミック コンポジット ブレーキ)よりも低コストで高性能が得られると注目されている。

同時に、新開発の統合ポルシェ4Dシャシコントロールシステムや、PASM(ポルシェ アクティブ サスペンション マネージメントシステム)を組み合わせたアダプティブエアサスペンションにより、状況に応じてダイナミックな走りと快適性重視の乗り味を選択できるのが、カイエンをプレステージSUVたらしめる要素のひとつになっている。コーナリング性能を高めるため、後輪を低速時には逆位相に、高速時には同位相に操舵するリアアクスルステアリングがオプション設定されるのも、ポルシェの走りへのこだわりの表れだ。

インテリアでは、ロープロファイルデザインのダッシュボードや新デザインのシート、ステアリングホイールからシフトレバーへ短時間で手の置き換えができるレイアウトなど、快適性と機能性の両立が見所だ。中央の回転計のみ機械式としたメーターパネルにポルシェのこだわりが見える一方、ダイレクトタッチコントロールを採用したセンターコンソールは新しいカイエンを操る魅力に繋がっている。

画像: カイエン ターボ搭載の直噴の4L V8ツインターボ。最高出力550ps、最大トルク770Nm。

カイエン ターボ搭載の直噴の4L V8ツインターボ。最高出力550ps、最大トルク770Nm。

■ポルシェ カイエンターボ主要諸元

●全長×全幅×全高=4926×1983×1673mm
●ホイールベース=2895mm
●車両重量=2175kg
●エンジン=V8DOHCツインターボ
●排気量=3996cc
●最高出力=550ps/5750-6000rpm
●最大トルク=770Nm/1960-4500rpm
●駆動方式=4WD
●トランスミッション=8速AT
●車両価格(税込)=1902万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.