TZ250の構成を変えずに公道車としたRZは市場を席巻する人気モデルに発展した

1980 RZ250/4L3

画像: 初期型のカタログから転載したもので、当時のヤマハは他のモデルでもこのような精巧な透視イラストを作成、資料に掲載していた。シート下にリアショックを前傾させて装着、横からだと三角形に見えるスイングアームの上側をショック後端部に接続するモノクロスサスペンションを公道向けスポーツ車では初めて採用した。

初期型のカタログから転載したもので、当時のヤマハは他のモデルでもこのような精巧な透視イラストを作成、資料に掲載していた。シート下にリアショックを前傾させて装着、横からだと三角形に見えるスイングアームの上側をショック後端部に接続するモノクロスサスペンションを公道向けスポーツ車では初めて採用した。

1973年に初期型が登場したRD250シリーズに続く2サイクル250㏄スポーツの系譜が、RZ250である。公開は1979年秋の東京モーターショーで、会場では多くの来場者が姿を見ようとヤマハブースに殺到。二輪専門誌でも大きく取り上げられ、当時のオートバイ業界でたちまち主役となった。

RZ250で特筆すべきは、市販レーサーTZ250と近似したエンジンと車体の構成を持つことと、軽快さや速さを想起させる車体デザインを採用したことである。

先代となるRD250もTZ250と同様に並列2気筒で、その歴史においてTZ250とほぼ共通のフレームを使った時代もあったが、RZ250は水冷エンジンをリアがシングルショックのシャシーに搭載。TZ250直系の公道向けレプリカを造るという開発コンセプトを見事に具現化していた。

東京モーターショーの翌年となる1980年6月1日に35万4000円での発売を予定していたが、多くの予約が入ったことからほぼ2カ月延期されることになった。350㏄車も同時に開発が進められ、1981年3月1日に40万8000円でデビュー。

400㏄車だけでなく、ナナハンをも超える最高速とゼロヨン性能を誇り、こちらも人気モデルとなった。

RZ250は5タイプが存在し、大型カウルを装備した派生機種のRZ250RRを生み出した。

TZ250直系のエンジンをモノクロスサスペンションを備える車体に搭載

画像1: TZ250直系のエンジンをモノクロスサスペンションを備える車体に搭載

全長/幅/高:2080/740/1085mm
シート高:790mm
車軸距離:1355mm
車体重量:139kg(乾)
燃料容量:16.0L
エンジン:水冷2サイクル二気筒
総排気量:247cc
最高出力:35ps/8500rpm
最高トルク:3.0kg-m/8000rpm
変速機:常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ:前3.00S18-4PR・後3.50S18-4PR
スプロケ:前16|後41
チェーンサイズ:530|リンク102
発売当時車体価格:35万4000円(税別)

燃料タンクからシートカウルに赤ラインを引くのが最初期型のカラーリングで、白(ニューパールホワイト)と黒(ニューヤマハブラック)の2種から選べた。

サイドカバーはフレームの後半部を大きく覆うが、下側を黒く塗ることで小さく見せ、白い部分をシートカウルに向かって直線的に伸びるよう仕上げるなど巧みなデザイン手法を取り入れている。

ホイールベースは1355㎜と短く、全長/全幅/全高は2080/740/1085㎜を資料に記載。乾燥重量は139㎏を公称した。ホイールは前後18インチで、タイヤサイズはF:3.00-18、R:3.50-18とされた。

画像2: TZ250直系のエンジンをモノクロスサスペンションを備える車体に搭載

ショックがシート下を占領するため容量を確保しつつエアクリーナーボックスを配置するのが困難となるが、キャブレター後方に主室、燃料タンク真下、リアショック前方にスポンジのエアクリーナーを置く副室を配することでこの問題をクリア。

エンジン前側に置かれる大型のラジエターには、転倒などの衝撃によりコアが破損するのを防止するため、頑丈そうな樹脂カバーが取り付けられる。サイドカバー内側に見えるのは2サイクルオイル用タンク、その後方はクーラントのリザーバータンクだ。

RZ250(4L3)1980年 DETAIL

画像: ハンドルは黒仕上げのパイプを使ったセミアップだが、グリップ位置は低くセパレートのように上半身が前傾する乗車姿勢となった。左右レバーやトップブリッジ、バックミラー、ウィンカーのボディやステーなど多くの部分をブラックで統一する。

ハンドルは黒仕上げのパイプを使ったセミアップだが、グリップ位置は低くセパレートのように上半身が前傾する乗車姿勢となった。左右レバーやトップブリッジ、バックミラー、ウィンカーのボディやステーなど多くの部分をブラックで統一する。

画像: メーターは丸形の2連タイプで、左が160㎞/hを上限とする速度計、右が12000rpmスケールで、9500rpmからレッドゾーンが始まる回転計。中央部にインジケーターランプが並び、最上段は左右ウィンカー、その下がハイビーム。2ストオイル残量警告灯、尾灯電球切れ告知ランプ、ニュートラル、速度警告灯を配置。タコメーターの文字盤の下部には水温計を内蔵する。

メーターは丸形の2連タイプで、左が160㎞/hを上限とする速度計、右が12000rpmスケールで、9500rpmからレッドゾーンが始まる回転計。中央部にインジケーターランプが並び、最上段は左右ウィンカー、その下がハイビーム。2ストオイル残量警告灯、尾灯電球切れ告知ランプ、ニュートラル、速度警告灯を配置。タコメーターの文字盤の下部には水温計を内蔵する。

画像: ニーグリップする部分を内側に追い込んだ燃料タンクの容量は16.5ℓ。右側にずらして装着されるキャップは施錠できる。

ニーグリップする部分を内側に追い込んだ燃料タンクの容量は16.5ℓ。右側にずらして装着されるキャップは施錠できる。

画像: ステップは、左右チャンバーのステーを兼ねる3個の丸穴が並ぶアルミプレートで支持される。ライダーとパッセンジャーのフットペグは、スチール製のベース部に大型のラバーを組み合わせて振動を低減。

ステップは、左右チャンバーのステーを兼ねる3個の丸穴が並ぶアルミプレートで支持される。ライダーとパッセンジャーのフットペグは、スチール製のベース部に大型のラバーを組み合わせて振動を低減。

画像: 左右ペダルはスチール製で、ブレーキ側の踏部の大きさが時代を感じさせる。始動用キックアームを踏み込む場合は、右側のステップバーを折りたたんでから行う。

左右ペダルはスチール製で、ブレーキ側の踏部の大きさが時代を感じさせる。始動用キックアームを踏み込む場合は、右側のステップバーを折りたたんでから行う。

画像: シートは前後に長いダブルで、中央部に四角形を並べたデザインが特徴的。当時としては特にタンデム部の緩衝材が薄く、1名乗車を重視した割り切った設計思想を見て取れる部分だ。

シートは前後に長いダブルで、中央部に四角形を並べたデザインが特徴的。当時としては特にタンデム部の緩衝材が薄く、1名乗車を重視した割り切った設計思想を見て取れる部分だ。

画像: 冷却フィンを持たないTZ250直系のピストンリードバルブ並列2気筒は、ヤマハ量産市販車では初の水冷方式を採用。クランクケースや掃気ポートのレイアウトなどはTZ250と共通とされる。キャブレターはφ26㎜の2連装で、左右インテークマニホールドに両者を接続するバランスパイプが置かれ、中回転域における吸気脈動を促進させることでトルクレンジを拡大、高回転域へのシャープなつながりを持たせている。

冷却フィンを持たないTZ250直系のピストンリードバルブ並列2気筒は、ヤマハ量産市販車では初の水冷方式を採用。クランクケースや掃気ポートのレイアウトなどはTZ250と共通とされる。キャブレターはφ26㎜の2連装で、左右インテークマニホールドに両者を接続するバランスパイプが置かれ、中回転域における吸気脈動を促進させることでトルクレンジを拡大、高回転域へのシャープなつながりを持たせている。

画像: 排気系は黒仕上げの多段膨張タイプチャンバーを装備、ミッションはクロスレシオの6段を採用する。最高出力:35ps/8500rpm、最大トルク:3.0㎏-m/8000rpmを発揮し、パワーは当時の250㏄クラスではライバルをまったく寄せつけない高性能を誇った。

排気系は黒仕上げの多段膨張タイプチャンバーを装備、ミッションはクロスレシオの6段を採用する。最高出力:35ps/8500rpm、最大トルク:3.0㎏-m/8000rpmを発揮し、パワーは当時の250㏄クラスではライバルをまったく寄せつけない高性能を誇った。

連載【心に残る日本のバイク遺産】をまとめて見る

MOOKのバックナンバーはこちら「日本のバイク遺産 2サイクル250史」

Powered By Bikers Station

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.