2019年9月5日、三菱自動車がラグビーのニュージーランド代表チーム「オールブラックス(ALL BLACKS)」仕様のデリカD:5とアウトランダーPHEVをラグビーワールドカップ期間中に同チームへ提供することを発表した。

オールブラックスのチームロゴのあしらった特別仕様

三菱自動車はニュージーランドラグビー協会とパートナーシップ契約を結び、2021年末まで日本国内での車両パートナーとして、代表選手の活動をサポートするという。

ニュージーランドの男子ラグビー代表チームといえば「オールブラックス(ALL BLACKS)」の愛称で知られ、ワールドカップをはじめとする世界大会で最多優勝記録を持つ強豪である。また、男子7人制代表チーム「オールブラックス・セブンズ」や、女子15人制代表チーム「ブラックファーンズ」などの代表チームもサポート対象に含まれる。

このパートナーシップ契約は、三菱自動車とオールブラックスにいくつかの共通点/共鳴点があるからだという。ひとつにはブランドカラーが「黒」であるということ、タフさや頼もしさのイメージがあるということ、さらに三菱のブランドメッセージ「Drive your Ambition」とオールブラックスの世界一を常に目指す「高い志」に共感したことで、締結に至ったという。

2019年9月20日に日本で開幕する第9回ラグビーワールドカップの期間中、同チームのロゴ「シルバーファーンフラッグ」をボディサイドに大きくあしらったデリカD:5とアウトランダーPHEVを、三菱が提供。ニュージーランドチームの日本国内での活動を多方面から支援するという。

画像: オールブラックスのチームロゴのあしらった特別仕様

ちなみに、本ニュースリリースの最後には「ALL BLACKSをはじめ様々なラグビーイベントやチームを支援し、ラグビーの振興に貢献する」という文言が書かれている。

2015年のラグビーワールドカップで日本代表が劇的な活躍をして以来、ラグビー人口…とくに小学生の競技人口が大きく増えているという。さらにワールドカップ日本開催だ。人気の高まりが予測される競技での三菱の活躍に期待したい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.