ニコンは、プロフェッショナルモデルとなる、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D6」とニコンFXフォーマット対応の望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発を発表した。

厳しい撮影状況においても最高のパフォーマンスを求めるプロのニーズに応えるべく、ニコンが長年のカメラの開発で培ったトップレベルの技術・ノウハウを結集し進化し続けてきたニコンのフラッグシップモデルのD一桁シリーズ。1999年にデジタル一眼レフカメラ「ニコン D1」を発売し、今年でD一桁シリーズの発売から20周年を迎える今年、「ニコンD6」は、その最新機種として開発を行っているという。

画像: ニコンD6

ニコンD6

さらに「ニコンFマウント」は今年誕生60周年を迎える。今回新たに大口径F2.8通しの超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」も開発発表された。

画像: AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR

AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR

なおニコンD6、AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VRとも詳細な内容、発売時期、価格は未定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.