バイクもキャンプ用品も全部まるっと貸し出すという新たなサービス

画像1: バイクもキャンプ用品も全部まるっと貸し出すという新たなサービス

2018年10月に始動した「ヤマハ バイクレンタル」は、現在全国39店舗まで拡大し、レンタルバイクの利用者を増やし続けています。

そして、この9月、新たな試みがスタートしました。

それがキャンプ用品のレンタルサービスです。

画像: 画像はイメージです。

画像はイメージです。

ソロキャンプに必要なアイテムを「ツーリングキャンプセット」として、24時間税込10,000円から借りられる、バイクレンタルのオプションサービスになります。

つまり、「バイクもない! キャンプ道具もない!」という人でも、すべてレンタルでキャンプツーリングを楽しむことができるわけです。

このサービスは9月1日(日)から、トライアルとして、5店舗(YSP青森・仙台・西東京・福山・大分)でスタート。来春以降は、本格的な全国展開も予定されています。

現在のところ、いずれの店舗でも「セロー250」のみが「ツーリングキャンプセット」を利用できる対象機種となっています。

キャンプ用品のレンタルを行なう「TENTAL」(株式会社TENT)との提携により、このサービスは実現しました。

画像2: バイクもキャンプ用品も全部まるっと貸し出すという新たなサービス

用意されているアイテムは、テント・寝袋・マット・チェア・テーブル・ランタン・バーナー・クッカー・インナー寝袋・ハンマーに加え、それらをすべて積むためのバッグもセット。

利用料は、24時間税込10,000円で、以降24時間毎に税込3,000円です。

詳細や申し込み方法は「ヤマハ バイクレンタル」の特設サイトをご覧ください。

ヤマハ バイクレンタル 公式サイト

【動画】ヤマハ バイクレンタル ご利用ガイド

画像: ヤマハ バイクレンタル ご利用ガイド youtu.be

ヤマハ バイクレンタル ご利用ガイド

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.