2019年8月27日に、2代目にフルモデルチェンジされたメルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレークの予約受注が開始された。まずはディテールを発表会場の写真から見ていこう。

新プラットフォームを採用し、サイズのアップで居住性も向上

Aクラス、Bクラス、そしてAクラス セダンに続いて、MFA2(モジュラー・フロントドライブ・アーキテクチャー2)と呼ばれる、新世代プラットフォームを採用した4ドアクーペがメルセデス・ベンツ CLAで、これをベースに5ドアワゴン化したのがCLAシューティングブレークだ。いずれも、今回のモデルが2代目となる。

先代同様にどちらも流麗なスタイリングだが、サイズのアップにより居住性は向上している。インテリアはAクラスなどと基本的なデザインは共通で、ダッシュボード上方にセットされたワイドスクリーンが目をひく新世代メルセデスらしいものだ。

日本仕様は、2Lのガソリンターボとディーゼルターボを搭載。駆動方式は、ガソリンターボは可変トルク配分型4WDの4マチック、ディーゼルターボはFFとなる。

対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」は、もちろん標準装備し、安全運転支援システムもSクラスと同等のものをオプション設定している。

メルセデス・ベンツCLA250 4マチック(AMGライン装着車) 主要諸元(欧州参考値)

●全長×全幅×全高:4695×1830×1444mm
●ホイールベース:2729mm
●車両重量:未発表
●エンジン型式・種類:M260型・直4 DOHCターボ
●排気量:1991cc
●最高出力:165kW<224ps>/5500rpm
●最大トルク:350Nm<35.7kgm>/1800-4000rpm
●トランスミッション:7速DCT
●タイヤサイズ:225/45R18
●車両価格(税込み10%):534万円(AMGラインは+26万5000円)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.