ライダーみんなで作る投稿型のポータルサイト

画像: サイト名:「ツーリングマップルWEB」(昭文社) URL: https://touring.mapple.net/ 公開日: 2019年8月16日 主な機能: Twitterからの投稿機能(地図上)、投稿の閲覧機能(みんなのツーリングマップル) ※2019年8月現在

サイト名:「ツーリングマップルWEB」(昭文社)
URL:https://touring.mapple.net/
公開日: 2019年8月16日
主な機能: Twitterからの投稿機能(地図上)、投稿の閲覧機能(みんなのツーリングマップル)
       ※2019年8月現在

30年以上に渡ってツーリングライダーから絶大な支持を得ているバイクツーリング向け情報地図シリーズ「ツーリングマップル」の、WEBサイト版となる「ツーリングマップルWeb」が8月16日より公開されました!

このツーリングマップルWebは、ユーザーからの投稿で構成される、いわゆる「クチコミ地図」となっているところが特徴なんです。

みんなのツーリングマップルWebはコチラ!

ツーリングマップル本誌には、ライダー目線に立った有効な情報が豊富に収められてますが、みんなのツーリングマップルでは、これら出版物の情報に加え、WEBを用いて広く情報を集め、即時性の高い情報が発信されます。

ライダーは投稿用地図の任意の場所にTwitterを介してさまざまなクチコミを投稿できます。

旅先で出会ったステキな景色や美味しいごはん、穴場の温泉など、様々な自分の感動やおススメを他のユーザーに伝えることができるほか、通れなくなった道、危険な道なども指摘可能。

また、Twitterへアクセスして、投稿者へ「いいね」を押すなどして交流することもできるんです。

ライダーが実際にツーリングに行って良かった場所などを地図上に書き込むからリアルな情報が共有できる

画像1: ライダーが実際にツーリングに行って良かった場所などを地図上に書き込むからリアルな情報が共有できる

旅先で出会ったステキな景色や、美味しいごはん、穴場の温泉などなど、様々な自分の感動やおススメを、他のユーザーに伝えることができます。あるいはツーリングマップル本誌の情報から変化している情報、通れなくなった道、危険な道なども指摘することができます。

画像2: ライダーが実際にツーリングに行って良かった場所などを地図上に書き込むからリアルな情報が共有できる

そうして投稿が集まった地図は、「次回のツーリング先の周辺に、何かいい情報はないだろうか」という時や「ツーリングした先で、寄り道を探したい」というような場面で、とても有用なものになります。Twitterへアクセスして、投稿者へ「いいね」を押すなどして交流することもできます。

画像3: ライダーが実際にツーリングに行って良かった場所などを地図上に書き込むからリアルな情報が共有できる

近年、旅の情報をSNSから入手する人が増えていますが、ハッシュタグでの検索では欲しい情報になかなかすんなりたどり着けないものです。

しかし、この「みんなのツーリングマップル」では、場所から情報を得られるところがこれまでに類例のない利点です。

また、投稿にはTwitterを使う(今後InstagramやFacebook等経由の投稿も検討予定)ので、わざわざ新たなアプリをインストールしたり、新しいSNSアカウントを管理する必要がありません。これまでのつぶやきにワンアクション入れるだけでできる手軽さも、この企画ならではの利点となります。

この「ツーリングマップルWEB」は、「みんなのツーリングマップル」以外にも、今後ツーリングに役立つ情報や、読んで面白いコラムなど、幅広く展開していく予定だそうです。今後は各種キャンペーンやプレゼント企画なども、多数検討されているようなので、ますます人気のサイトになりそうですね!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.