全世界待望の「007」シリーズ、25作目となる最新作のタイトルが正式に発表され、さらに、日本では2020年4月から全国公開されることも合わせて決定。

タイトルは『NO TIME TO DIE(原題)』

最新作のタイトルは正式に『NO TIME TO DIE(原題)』(東宝東和配給)と発表された。前作『007 スペクター』から5年ぶりの最新作となる。

先日、謎に包まれた本作が始動となる製作会見が、記念すべき第1作『007/ドクター・ノオ』(初公開時タイトルは「007は殺しの番号」、62)のロケ地であり原作者イーアン・フレミングの執筆の拠点、ジェームズ・ボンドの産みの地でもあるジャマイカで開かれた。前作から引き続きジェームズ・ボンド役の主演ダニエル・クレーグ、ケーリー・フクナガ監督、製作陣からは「007」シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加、続々と出演者が発表される中、2019年に『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でアカデミー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックが悪役として抜擢されることが発表され大きな話題を呼んだばかり。

画像: ジャマイカで行なわれた製作記者会見

ジャマイカで行なわれた製作記者会見

『NO TIME TO DIE(原題)』は、マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリから007シリーズ最新作の25作目、正式タイトルとして本日発表された。本作はアルバート・R・ブロッコリ率いるEONプロダクション、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)、ユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナルが贈る。監督はケーリー・フクナガ(『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(未・15)、『TRUEDETECTIVE/迷宮捜査 』(TV・19)が務め、主演ダニエル・クレーグがジェームズ・ボンドを演じるのは5作目となる。
脚本は、ニール・パーヴィスとロバート・ウェード(『007 スペクター』(15)、『007/スカイフォール』(12))、ケーリー・フクナガ、スコット・z・バーンズ(『コンテイジョン』(11)、『ボーン・アルティメイタム』(07))、フィービー・ウォーラー・ブリッジ(「キリング・イヴ/Killing Eve」、「Fleabug/ フリーバッグ」)が手がけ、現在、製作中。海外では、ご当地イギリスが2020年4月3日(金)に公開されるのを皮切りにアメリカでは4月8日(水)、日本では2020年4月に公開される。

最新作のあらすじは、ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。 誘拐された科学者を救出するという任務は、想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになる、というもの。

クレーグがジェームズ・ボンドを演じたシリーズ『007/カジノ・ロワイヤル』(06)、『007/慰めの報酬』(08)、『007/スカイフォール』(12)、『007 スペクター』(15)は全世界で累計31億ドルという興収をあげ、『007/スカイフォール』(11億ドル)と『007 スペクター』(8.8億ドル)はシリーズ史上、最高成績を記録した。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.