2019年8月20日、プジョー・シトロエン・ジャポンはプジョー 308と308SWの特別仕様車「TECH PACK EDITION(テックパックエディション)」を発売した。

パークアシストなどの運転支援機能や専用シートなどを装備

308はプジョーの中核モデルであるCセグメント ハッチバックで、308SWはそのワゴンバージョンだ。初代は2007年に発表(日本導入は2008年)され、現行型は2013年に発表された2代目となる。

画像: TEPレザーとアルカンターラのコンビシートを装備。

TEPレザーとアルカンターラのコンビシートを装備。

プジョー車の車名は基本的には3ケタの数字で付けられ、かつては百の位はクラス(数字が大きいほどサイズが大きい)、十の位は常にゼロ、一の位は世代を表していた。だが、一の位が8に達したとき、308の次期モデルは309とならず(1980年代に同名のモデルが存在したため)、308のまま車名は変わらないことになった。したがって、208や508も同様に車名はそのままでフルモデルチェンジされている。

今回の特別仕様車「308 テックパックエディション」は、308 アリュールをベースに、アクティブブラインドスポットモニターやパークアシストといった運転支援機能を装備し、専用のハーフアルカンターラシート(ブルーアクセント)やインテリア各部のブルー&オレンジステッチ、そしてアルミペダルなどのドレスアップで、実用性とスタイリングの両面で308の価値を高めている。

画像: アルミペダルやフロアマットも専用アイテムだ。

アルミペダルやフロアマットも専用アイテムだ。

308、308 SWともにエンジンは1.2L 直3ガソリンターボ(130ps/230Nm)と1.5L 直4ディーゼルターボ(130ps/300Nm)を設定。組み合わされるトランスミッションは、いずれも8速ATのみ。

車両価格(税込)は、308 テックパックエディションは、ガソリンが293万9000円、ディーゼルが314万9000円。308 SW テックパックエディションは、ガソリンが318万7000円、ディーゼルが339万7000円。いずれもベース車から10万円のアップにとどめられ、リーズナブルな価格設定となっている。

画像: フロントフェンダー左右に付けられた専用バッジ。

フロントフェンダー左右に付けられた専用バッジ。

テックパックエディションの特別仕様装備

●アクティブブラインドスポット モニターシステム
●パークアシスト
●特別仕様車専用バッジ(フロントフェンダー左右)
●ブルー&オレンジステッチ(ステアリング、シート、ドアトリム)
●TEPレザー&アルカンターラシート(ブルーアクセント)
●アルミペダル/フロントドアステップガード/フロアマット

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.