ブランドの枠を超えてワールドワイドで益々活況を呈するSUVマーケット。この連載企画では、国産・輸入車を問わずSUVの「今」を感じられるモデルを順次紹介していく。今回紹介するのは「ボルボXC90」。

オフロードの走破性もハイレベル

ボルボ最大のボディに3列シートを配した、ボルボ初のSUVとしてXC90が登場したのは2003年。13年後の2016年には2代目に進化するが、このときエンジンを2L直4ターボに統一し、新開発のモジュラー型プラットフォーム「SPA」を初めて採用した、文字通りの新世代ボルボとなって注目されている。

この2代目XC90に待望のディーゼルエンジン搭載車が追加されたのは2019年のこと。これ以前にもDrive-E 2L直4直噴ディーゼルターボはXC60やV90などに搭載車が設定されていたが、こちらはD4と呼ばれる130ps/400Nm仕様。

一方、XC90に搭載されたのは同じディーゼルターボでも、D4用シーケンシャルツインターボの高回転側タービンをVGT(可変容量ターボ)に換装したD5ユニットで、ボルボのクリーンディーゼルの中で最も強力な235ps/480Nmを発生している。

電子制御前進8速ATと電子制御AWDシステムが組み合わされるパワートレーンやシャシは、ガソリンエンジン搭載車と変わらない。サスペンションは前ダブルウイッシュボーン・コイル/後マルチリンク・CFRP製横置きリーフという物理的なスプリングを備えた足が標準で、オンロード重視のSUVが多い中、オフロード走破性を重視して225mmの最低地上高(スプリング仕様)を確保しているのも、実直なボルボらしい設定だ。

画像: プラットフォームは新開発のモジュラー型「SPA」。(ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション)

プラットフォームは新開発のモジュラー型「SPA」。(ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション)

充実の先進安全機能「インテリセーフ」

ボルボの安全性を担保するセンサー/カメラ類は、先進安全機能「インテリセーフ」用のセンサー類が前後バンパーに、360度ビューカメラやパーク・アシスト・パイロット用カメラがフロントグリルのエンブレム付近と、左右のサイドミラーカバーの下、リアに搭載した計4つ搭載されている。

インテリアでは12.3インチの液晶ディスプレイを採用したメーターパネル、センターコンソール中央に配される9インチの縦型ディスプレイなどデジタル化が進み、物理的なボタンやスイッチ類は最小限にとどめられているのが特徴だ。

シート配列は2-3-2の7シーターで、シート表皮は上質なパーフォレーテッド・ファインナッパレザーが用いられる。さらにインスクリプションの前席には、シートヒーターに加えてベンチレーション機能とマッサージ機能が備わるなど高い快適性が提供されるのは、ボルボSUVのフラッグシップならではと言えるだろう。

画像: ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション搭載の直4DOHC2Lディーゼルターボエンジン(最高出力173ps/最大トルク480Nm)。

ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション搭載の直4DOHC2Lディーゼルターボエンジン(最高出力173ps/最大トルク480Nm)。

■ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション 主要諸元

●全長×全幅×全高=4950×1960×1775mm
●ホイールベース=2985mm
●車両重量=2110kg
●エンジン=直4DOHCディーゼルターボ
●排気量=1968cc
●最高出力=173ps/4000rpm
●最大トルク=480Nm/1750-2250rpm
●駆動方式=4WD
●トランスミッション=8速AT
●車両価格(税込)=944万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.