大型バイクや400ccは車検にお金がかかるから……って諦めたりしてませんか?でも実は、単純に車検代だけだったら、そうでもないんです。実は250ccとの差ってそこまで大きくないんですよ!

愛車ハヤブサをユーザー車検に!

愛車のひとつ、ハヤブサ様が車検の時期になりました。

わたくしキタオカ、バイク&クルマの車検は今まで全部、ユーザー車検です。

そこでふと、車検があるから400ccとか大型バイクはお金がかかると言われがちなのを思い出しまして……

結論から言いますと、車検のためにかかるお金っていうのは今回の場合だと、

…………1万7280円でした。

大半は自賠責保険料

しかもこの1万7280円のうち、1万1780円は自賠責保険料(※25ヶ月/251cc以上)です。

これは250ccでも加入しなければならない保険です。

ちなみに軽二輪125cc~250ccの自賠責保険は24ヶ月で1万2220円。251cc以上は24ヶ月だと1万1520円。※保険料は2019年8月現在

251cc以上の小型二輪のほうが、自賠責は250クラスより安いという事実(笑)

画像: 表はあいおいニッセイ同和損保より引用 www.aioinissaydowa.co.jp

表はあいおいニッセイ同和損保より引用

www.aioinissaydowa.co.jp

ということは、純粋に車検でかかるおカネは5500円なんです。

車検(軽続検査)は2年に1回で、1年に付き251cc以上の小型二輪は1900円の重量税がかかります。

なので5500円のうち3800円は重量税

のこり1700円は証書代とか印紙代です。

車検のない250cc以下との違いは、2年に1回のこの5500円ということですね。

申し込みもWEBでカンタン

画像: 申し込みもWEBでカンタン

それに、今は車検の予約はWEBですぐできます。

慣れてしまうとコッチのほうが面倒じゃなくて早かったりします(笑)

書類などを事前に用意しておけば、きちんと整備された車両なら、車検場(自動車検査登録事務所とか運輸支局)にいる時間も1時間程度。

書類はどうすればいい?

ボクの場合は、車検用の書類はいきつけのバイク屋さんで手に入れています。

車検場(自動車検査登録事務所とか運輸支局)でもOK。

ちなみにボクは当日に書類をつくらず、事前に自宅で作ってから持っていく派です。そのほうが当日焦らないからおすすめ。

今の時代、書類の書き方は簡単にネットで調べられますしね。

最初は検査ラインで超緊張するけど、『ユーザー車検ビギナーです!』と検査員さんに伝えれば、つきっきりでアシストしてくれますから大丈夫!

それでも超緊張するけど(笑)

画像: 書類はどうすればいい?

ほんとにあっさり、ハヤブサ様の車検完了。

車検場が空いていたのと、手馴れてきているせいか、書類提出から検査完了までトータル30分程度でした。

車検そのものはそんなに難しいものじゃありませんし、やたらとお金がかかるって訳でもないんです!

ショップに車検を頼む理由は?

でもひとつだけ。

安いから、という理由だけでユーザー車検にするのはリスクもあります。

お店に出す車検っていうのは、プロの整備士が「この車両は安全に走れる」っていう点検や整備をしてくれるっていうことでもあるんです。

画像: ハヤブサ様はまだ新しいのでほぼ点検のみで終了。エンジンオイルも前に交換したしね。

ハヤブサ様はまだ新しいのでほぼ点検のみで終了。エンジンオイルも前に交換したしね。

多岐にわたる項目をぜんぶチェックして、ダメなところを洗い出し、交換が必要な部品は交換。

お店に出す車検っていうのは、つまり『安心』と『安全』そのものなんです。

なのでボクはバイク仲間に「ユーザー車検って安いんでしょ?」と聞かれると「お店に出したほうがいいよ」といつも答えます。

特にバイクは、整備不良がリスクに直結する乗り物でもありますからね。

夢を諦めない

画像: 夢を諦めない

じゃあ何故、こんなことを書いているかというと……

お金とか車検の問題で排気量の大きいバイクに乗る夢を諦めてほしくないから、です。

250cc以下のバイクだって、こうした定期点検は必要なんですから!

車検があるバイクだって、愛車への情熱があれば維持は難しくない。

ひとりのバイク乗りとして、排気量の大きいバイクには、そこにしかない面白さがあることも知っているから……

そのことを、ちょっと伝えておきたいナァと思った次第でございます!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.