2018年11月に行われたスーパートロフェオシリーズ最終戦ワールドファイナルで、SC18 アルストンがワールドプレミアされた。これはランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセによって製作されたワンオフモデルだ。

世界でたった1台のド迫力モデル

2018年スーパートロフェオシリーズ最終戦ワールドファイナルをイタリア・ヴァレルンガで開催していたランボルギーニは、11月16日夜、ローマ市内のホテルでSC18 アルストンをワールドプレミアした。

なぜモーターショーではなく、この場所が選ばれたかというと、ランボルギーニのモータースポーツ部門であるスクアドラ・コルセが初めて製作したモデルだったからだ。

SC18 アルストンはオーナーの依頼により特別に企画された、いわゆるワンオフモデルであり、その要望は「レーシングカーとの関連性を感じさせる先進性の高いモデル」だったという。

SC18 アルストンはレーシングモデルとして開発されているが、公道でも走行が可能な仕様になっているのが特徴。アヴァンタドールSVJをベースとして、モータースポーツにおける経験やデータを基に新設計。ウラカンGT3 EVOやウラカン・スーパートロフェオEVOに採用されている空力パッケージや超軽量素材を使って、強烈なダウンフォースと長時間のレーシング走行もこなすポテンシャルを身につけている。

スタイリングは超アグレッシブで、巨大なカーボンファイバー製リアウイングや12個のダクトを持つエンジンカバーが印象的だ。ボディカラーはグリジオデイトナと呼ばれるマットグレーの特別色をベースに、レッドのアクセントが入れられている。

カーボンファイバー製のバケットシートは、ネロエイドと呼ばれるブラック系カラーにロッソアラーラと呼ばれる赤いステッチが入れられているが、これもオーナーの要望らしい。

なお、パフォーマンスは0→100km/h加速2.8秒、最高速350km/hと公表されている。このモデルの成功は、スクアドラ・コルセの新しい活動展開としても大きな意味をもたらしそうだ。

ちなみに、「SC18 アルストン」の「SC」=スクアドラ・コルセ、「18」=2018年製、「アルストン」=オーナーの息子の名前を示している。

画像: 凄みのあるブラックに鮮烈なレッドのアクセントはオーナーの要望によるもの。巨大なリアウイング、冷却用のスリットが入ったエンジンフードを備え、そのまま耐久レースに出場することも可能だという。その出来栄えから、今後もこうしたワンオフモデルが登場することが予想される。

凄みのあるブラックに鮮烈なレッドのアクセントはオーナーの要望によるもの。巨大なリアウイング、冷却用のスリットが入ったエンジンフードを備え、そのまま耐久レースに出場することも可能だという。その出来栄えから、今後もこうしたワンオフモデルが登場することが予想される。

ランボルギーニの限定車のバックナンバー

ランボルギーニ SC18 アルストン
Lamborghini SC18 Alston (2018)

●エンジン:6496cc 60度 V型12気筒 DOHC 48バルブ
●最高出力:770ps(566kW)/8500rpm
●最大トルク:720Nm/6750rpm
●トランスミッション:7速セミAT
●駆動方式:4WD
●車両重量:1525kg
●0→100km/h加速:2.8秒
●最高速:350km/h

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.