2019年8月8日、ゼネラルモーターズ・ジャパンは台数限定モデル「シボレー カマロ SS スタイリングスポーツエディション(CHEVROLET CAMARO SS STYLING SPORT EDITION)」を8月20日に発売する。車両価格は729万円(税込8%)。

ダークカラーをまとった2ドアクーペ、カマロ SS“STYLING SPORT EDITION”

シボレー コルベットと並んで、アメリカンスポーツを象徴するように長年ラインアップされてきたシボレー カマロ。コルベットがより高いパフォーマンスを求めて従来のFRからMRへ転向するなか、FRのままのカマロに注目する人も多い。

6代目にあたる現行モデルは2017年に日本で発売され、現在は275ps/400Nmを発生する2L 直4ターボエンジンを搭載する「カマロ LT RS」と、453ps/617Nmを発生する6.2L V8を搭載の「カマロ SS」のふたつのクーペモデルに加えて、2Lターボ搭載のオープンモデル「コンバーチブル」もラインナップしている。

そして今回ハイパフォーマンスモデルにあたる「SS」をベースにした、20台限定の特別仕様車を2019年8月20日に発売することが発表された。車両価格は729万円(税込8%)となる。

ボディカラーに新色となるシャドーグレーメタリックを、インテリアにジェットブラックを採用して、落ち着き感のある印象に仕立てられている。さらに、赤のストライプを配した黒の20インチアルミホイールを特別装備して足元をスタイリッシュに引き締めている。また、レカロのパフォーマンスシートを採用する。

画像: シボレー カマロ SS STYLING SPORT EDITION。専用ホイールやレカローシートなどを採用する。

シボレー カマロ SS STYLING SPORT EDITION。専用ホイールやレカローシートなどを採用する。

シボレー カマロ SS STYLING SPORT EDITION 特別装備

専用ボディカラー:シャドーグレーメタリック
RECAROパフォーマンスシート
レッドアウトラインストライプ付5スポークグロスブラックホイール

シボレー カマロ SS STYLING SPORT EDITION 主要諸元

●全長×全幅×全高:4785×1900×1345mm
●ホイールベース:2810mm
●重量:1710kg(サンルーフなし)
●エンジン型式・種類:V型8気筒OHV
●排気量:6153cc
●最高出力:453ps/5700rpm
●最大トルク:617Nm/4600rpm
●トランスミッション:10速AT
●タイヤサイズ:245/40ZR20(フロント)・275/35ZR20(リア)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.