ツウな旅人もうならせる、穴場とキャンプ場情が満載!

北海道のツーリングは独特です。とにかく広く、絶景や面白いスポットが無数にあります。

限られた時間で、満足できる旅をするには、情報が大事。ただ、定番スポットは、観光ガイドブックや自治体の無料パンフでもわかるのですが、その先は意外とわからない。

そして、定番の先にある、名もないようなスポットこそ、北海道ツーリングの醍醐味だと思うのです。

今年、北海道ツーリングを楽しむライダーにとってマストともいえる神サイトが誕生しました。

その名も「拝啓、旅人様。」

画像: ツウな旅人もうならせる、穴場とキャンプ場情が満載!

私西野、これまで6回の北海道ツーリングをし、トータルで40日くらいめぐりましたが、ここにある絶景スポットや穴場スポットは、ほとんど知りませんでした。汗

「拝啓、旅人様。」がとりわけ特化している情報は、「キャンプ場」「穴場」ガイドです。

画像: 網走市の呼人浦(よびとうら)キャンプ場。ここも無料です!

網走市の呼人浦(よびとうら)キャンプ場。ここも無料です!

キャンプ場は外したくないですからね。いいキャンプの夜は一生忘れられない宝物になります。

「拝啓、旅人様。」を眺めていると、うわー、こんなところがあったのか……って感動とともに、「あ、前回近くに行ったじゃん」と後悔することも多々。

運営しているのは、もともと「旅風ハイパースポットガイド」を刊行していた三澤覚司さん(キャンパーネーム:旅風さん)です。

旅風ガイドといえば、コアなライダーに厚い支持を得てきた伝説の北海道ガイド。「拝啓、旅人様。」に掲載されている記事は、この情報がベースになっていて、すべて三澤さんがその目で確かめ、実際に撮影した写真が載せられています。

画像: 稚内市にある通称「利礼の丘」。利尻島・礼文島の両方を見渡す絶景スポット。ここも知らなければたどり着けません。

稚内市にある通称「利礼の丘」。利尻島・礼文島の両方を見渡す絶景スポット。ここも知らなければたどり着けません。

すでに大量の記事がアップされていますが、その掲載数はまだまだこれから伸び続けるとのこと。

この夏以降に北海道へ出かける人は、ツーリングならずとも必ずチェックしてから出かけるのがおすすめです。

画像: 羅臼(らうす)温泉「熊の湯」。知床半島にある無料のアツアツ温泉です。ここは僕も行きましたが、国設羅臼キャンプ場が隣接していて、最高です!

羅臼(らうす)温泉「熊の湯」。知床半島にある無料のアツアツ温泉です。ここは僕も行きましたが、国設羅臼キャンプ場が隣接していて、最高です!

そして「今年は無理だ」、「いつかは北海道」なんて思っている方にも、ぜひいますぐご覧いただきたい。

きっと、旅心がくすぐられ、あなたの北海道ツーリングは、予定より早く実現されますよ。笑

「拝啓、旅人様。」はこちら!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.