昭和は遠くなりにけり…だが、昭和生まれの国産スポーティカーは、日本だけでなく世界的にもブームとなっている。そんな昭和の名車たちを時系列で紹介していこう。今回は、昭和49年発売のホンダ シビック 1200RSだ。

初代シビックにラインアップされたカッ飛び野郎

ホンダ シビック 1200RS:昭和49年(1974年)10月発売

画像: 同じボディ形状でリアはトランクの2ドアとハッチバックの3ドアが設定されていた。カタログ値の最高速度は160km/h、0→400m加速のテスト値は17.50秒。

同じボディ形状でリアはトランクの2ドアとハッチバックの3ドアが設定されていた。カタログ値の最高速度は160km/h、0→400m加速のテスト値は17.50秒。

ハイパワー至上主義をとっていたホンダが、大きく転換を図ったのが1970年代だ。高回転かつ高出力を売り物にしていたホンダは、まず軽自動車のライフを発売し、その上級モデルとして昭和47年(1972年)7月にシビックを送り出した。軽自動車よりひとまわり大きな台形フォルムのFF2ボックスカーで、随所にヨーロッパ的な合理性を盛り込んでいる。

ベーシックに徹した国際商品として開発され、コンパクトなボディの中に広いキャビンスペースと小気味良い走りを巧みにバランスさせていた。

パワーユニットは新開発のEB1型4気筒SOHCだ。ボア70.0×ストローク76.0mmのロングストロークで、排気量は1169ccとなる。デビュー当初の最高出力は60ps/5500rpm、最大トルクは9.5kgm/3000rpmのベース仕様と、圧縮比を8.1から8.6に高めたGL用の69ps/5500rpm、10.2kgm/4000rpm仕様が用意された。

そして翌1973年5月にスターレンジを持つ無段変速ATのホンダマチックを投入。同時に高出力型エンジンを積むGLは、トルク特性の最適化を図り最高出力は66ps/5500rpm、最大トルクは10.0kgm/3000rpmとしている。

画像: ゴム製のバンパーガードを前後に備え、リアには2個のバックランプを装備していた。リアウインドーは熱線プリント式。

ゴム製のバンパーガードを前後に備え、リアには2個のバックランプを装備していた。リアウインドーは熱線プリント式。

また、73年12月には1.5Lの4ドアモデルを設定した。このとき最高出力65ps/5500rpm、最大トルク10.5kgm/3000rpmのED型CVCCエンジンが加えられたが、かつてのホンダパワーを知るユーザーには、動力性能が物足りなかったのも事実である。

そうした走り屋の声に応えて投入されたのが、RSだ。RSは「ロード・セーリング」を略したもので、ハイウエイクルージングを意識した快速2ボックスとして位置づけられた。

画像: 純木製のステアリングとシフトノブを装備。トランスミッションはクロスレシオ4速+オーバートップの5速MTで、100km/hクルーズ時で3100rpmの低回転を可能にしていた。

純木製のステアリングとシフトノブを装備。トランスミッションはクロスレシオ4速+オーバートップの5速MTで、100km/hクルーズ時で3100rpmの低回転を可能にしていた。

スタイリングはGLとほとんど変わっていない。が、前後のバンパーにラバー製のオーバーライダーが装着され、155SR13ラジアルタイヤやブラック塗装のホイールでスポーティムードを盛り上げた。リアにトランクを持つ2ドアと、ハッチゲートを備えた3ドアの2タイプがあり、ともに最低地上高は165mmと、GLより10mm低い。そのためルックスは安定感が増した。

インテリアも大幅にグレードアップされている。間けつ式ワイパー、防眩ルームミラーなどが追加されて、ペダルもスポーティなレイアウトにアレンジされた。ダッシュボードには木目パネルが貼られ、ステアリングやシフトノブもウッドとなる。もちろん、フットレストも標準装備だ。

画像: ノーマルの60ps、GLの69 psに比べ、RSはCV型可変ベンチュリー・キャブを2連装して76psを絞り出していた。トルクカーブもフラットで使いやすいエンジンだった。

ノーマルの60ps、GLの69 psに比べ、RSはCV型可変ベンチュリー・キャブを2連装して76psを絞り出していた。トルクカーブもフラットで使いやすいエンジンだった。

エンジンはEB1型1の169ccで、圧縮比もGLと同じ8.6だが、京浜製のCVキャブを2連装し、最高出力は76ps/6000rpm、最大トルクは10.3kgm/4000rpmまでパワーアップされている。

カタログスペックは平凡だが、レスポンスはすこぶるシャープで、6500rpmまでストレスなく回り切った。トランスミッションはシビックとしては初めてとなる5速MTだ。

サスペンションは前後ともにストラットの形式こそ変わらないが、こちらもハードに締め上げられ、フロントのバネレートは1.9kg/cm2から2.52kg/cm2に、リアも1.36kg/cm2から2.13kg/cm2へと、30%ほど強化された。ダンパーの減衰力も強化され、ワインディングロードでは水を得た魚のような軽快な走りを披露している。ブレーキはフロントがディスク、リアはLTドラムだ。

画像: ブラックのバックスキン調の通気孔付きセミバケットシートはロングドライブでの快適性と、ワインディングを飛ばす時のホールド性の両方を確保していた。

ブラックのバックスキン調の通気孔付きセミバケットシートはロングドライブでの快適性と、ワインディングを飛ばす時のホールド性の両方を確保していた。

5速MTを介しての最高速は160km/h(カタログ値)である。当時の1.2LのFF2ボックスとしては、文句なしの動力性能といえるだろう。しかしそれ以上に楽しかったのがハンドリングだ。マニアには嬉しいFFスポーツならではの軽快な走りを存分に堪能できた。

シビックRSの走行性能は、サーキットでも存分に発揮され、当時常勝を誇っていたサニーを苦しめている。とくに富士スピードウェイでのマイナーツーリング・レースでは群を抜く速さを見せつけ、シリーズチャンピオンに輝いた。

強烈なスポーツ魂をもったシビックRSだったが、その寿命は短く、1975年8月のニュー・シビックCVCCの登場を機にカタログから姿を消した。

画像: RSは「Road Sailing」の略。76psのスポーティ版でありながら、車名には「あたかも、遠くまで、滑らかに道路を帆走するよう」という性格を持たされたRSを採用した。

RSは「Road Sailing」の略。76psのスポーティ版でありながら、車名には「あたかも、遠くまで、滑らかに道路を帆走するよう」という性格を持たされたRSを採用した。

シビック 1200RS 2ドア 主要諸元

●全長×全幅×全高:3650×1505×1320mm
●ホイールベース:2200mm
●重量:695kg<705>
●エンジン型式・種類:EB-1型・直4 SOHC
●排気量:1169cc
●最高出力:76ps/6000rpm
●最大トルク:10.3kgm/4000rpm
●トランスミッション:5速MT
●タイヤサイズ:155SR13
●価格:76万5000円<78万3000円>
※< >内は3ドア

昭和の名車のバックナンバー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.