2019年8月5日、住友ゴム工業はダンロップのオールシーズンタイヤ「ALL SEASON MAXX AS1」を2019年10月1日に発売することを公表した。全21サイズで、価格はオープン。

ALL SEASON MAXX AS1はサマータイヤ同等の操縦安定性!

夏から冬まで、季節にごとにタイヤを履き替える必要のないタイヤとして大きな人気を集めているオールシーズンタイヤ。グリップ性能や静粛性でサマータイヤに、氷上・雪上性能でスタッドレスタイヤに劣るものの、多くの季節・天候・路面状況を走行できるメリットは大きく、とくに非降雪地域で季節ごとの交換を必要としないタイヤとして注目を浴びている。

こうした人気ジャンルではあるのだが、実は日本で買えるブランドはそれほど多くないのが現状だ。そこで2019年10月1日、ダンロップがオールシーズンタイヤ「ALL SEASON MAXX AS1」を満を持して投入するという。サイズは155/70R13〜225/45R18の全21サイズと、乗用車タイプからミニバン、SUVタイプのクルマまで広くカバーする展開だ。

画像: 深溝設計によって排水効率を向上、さらにブロックを細分化することで静粛性も向上している。

深溝設計によって排水効率を向上、さらにブロックを細分化することで静粛性も向上している。

このタイヤの特徴は新開発の「超マルチコンパウンド」という素材で、常温においては夏タイヤと同程度の硬さを保って操縦安定性を、逆に低温下での硬化を抑えて雪上性能を確保しているという。

さらに、トレッドパターンの配置によって雪上でのトラクション性能とブレーキ性能を実現。雪上ブレーキ性能は同社の夏タイヤ(エナセーブ EC204)と比較して、49%向上しているという。スノーフレークマークが刻印されいるため、高速道路の冬用タイヤ規制でも走行できる。

またトレッド面の「幅広センターリブ」により、ドライ路面でサマータイヤ同等の操縦安定性を実現し、「Vシェイプ主溝」がウエットブレーキ性能を高めている。こうしたトレッドデザインにプラスしてパターンを工夫することで静粛性(パターンノイズ)やロングライフ性も向上させたという。

ダンロップ オールシーズンMAXX AS1

225/45R18 95H(※)
225/55R18 98H
225/50R17 98H(※)
215/60R17 96H
225/65R17 106H(※)
195/55R16 87H
205/55R16 91H
205/60R16 96H(※)
215/60R16 95H
215/65R16 98H
185/55R15 82H
185/60R15 84H
175/65R15 84H
185/65R15 88H
195/65R15 91H
155/65R14 75H
165/65R14 79H
175/65R14 82H
165/70R14 81S
175/70R14 84H
155/70R13 75H
※:EXTRA LOAD

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.