今年のアカデミー賞で、ピクサーやディズニー作品のような常連組を破って長編アニメーション賞を受賞したのは「スパイダーマン:スパイダーバース」でした。予想をはるかに上回る出来栄えで、偉業を成し遂げた本作までの「スパイダーマン」シリーズの長い歴史を振り返ってみましょう。

誕生したのは1960年代。70年代にはコミック化やドラマ化など日本とのつながりも

画像: スパイダーマンの生みの親は昨年亡くなったスタン・リー(左)

スパイダーマンの生みの親は昨年亡くなったスタン・リー(左)

スパイダーマンが誕生したのは、1962年、「アメイジング・ファンタジー」というコミック誌の「#15」でのこと。スタン・リーがストーリーを考え、スティーヴ・ディッコが作画を担当した。

実はこの雑誌、すでに廃刊が決まっていたため好き勝手やっていいことになっていて、スタンはそれまで会社に反対されていた10代のヒーローの物語を作り上げたのだった。それが予想外に受けたことにより、翌1963年の3月から「アメイジング・スパイダーマン」誌が刊行された。

最初に映像化されたのは1967年スタートのアニメ版。今でも予告編のBGMなどで使われる「スパイダーマンのテーマ」はここで誕生したもの。

最初の映像化はアニメーションだった

1970年には日本の『月刊別冊少年マガジン』誌上で池上遼一の作画による翻案の連載がスタート。主人公は小森ユウという日本の高校生。初期はアメコミに詳しい映画評論家の小野耕世がストーリー構成に協力していて、エレクトロ、リザード、ミステリオといったヴィランも日本流にアレンジされて登場したが、後半はSF作家の平井和正が原作を執筆。当時の世相を反映した暗いストーリーが展開した。

1977年に製作されたドラマ版「スパイダーマン」は翌年日本で劇場公開

1977年にはアメリカでTVシリーズがスタート。ニコラス・ハモンドがピーター・パーカーに扮している。パイロット版は日本では1978年に劇場公開された。

1978年には日本でもTVドラマ化。これは東映とマーベルの提携によって実現したもので、主人公はバイクレーサーの山城拓也。スパイダー星人のガリアに力を与えられた設定で、敵は宇宙人の鉄十字団。宇宙戦艦マーベラーから変形する巨大ロボット、レオパルドンに乗って闘う。CGのなかった時代のアクションはスタンも絶賛。今ではマルチバースのひとつとして正式に認められている。

1990年代にはジェームズ・キャメロンが映画化を企画していた時期も

アメリカではアニメも1981、1994、1999、2003、2008年と何度も作られているが、重要なのは2012年の「アルティメット・スパイダーマン」。ここにはマイルス・モラレスをはじめとする何人もの異世界のスパイダーマンが登場する「スパイダーバース」の原点。アニメ版の最新作は2017年の「マーベルスパイダーマン」だ。

実写版映画の権利は、キャノン・フィルムを経てカロルコに移り、1990年代にはジェームズ・キャメロンが映画化の構想を練っていたが実現せず。カロルコの倒産もあってソニー・ピクチャーズが権利を獲得。サム・ライミ監督によって2002年にトビー・マグワイアを主役に起用した「スパイダーマン」が公開されて大ヒットしたことで、アメコミ映画が続々作られることになる。ライミは「スパイダーマン2」(2004)「スパイダーマン3」(2007)も続けて監督。

画像: 2002年にトビー・マッガイア主演で製作された「スパイダーマン」は3部作に

2002年にトビー・マッガイア主演で製作された「スパイダーマン」は3部作に

MCUの仲間に入ると同時に全く新しい形でアニメ化されオスカー受賞の快挙

画像: 2014年にはアンドリュー・ガーフィールド版「アメイジング・スパイダーマン」

2014年にはアンドリュー・ガーフィールド版「アメイジング・スパイダーマン」

2012年にはアンドリュー・ガーフィールド主演、マーク・ウェブ監督によるリブート版「アメイジング・スパイダーマン」が、2014年には続編「アメイジング・スパイダーマン2」が公開。こちらは4部作になる構想もあったが、結局続きが作られることはなく、ディズニー/マーベルのMCU世界の中にソニーのスパイダーマンを組み込むということが決まったことにより、トム・ホランドの新たなピーターが生まれた。

画像: 2017年にはトム・ホランド主演で「スパイダーマン:ホームカミング」が公開された

2017年にはトム・ホランド主演で「スパイダーマン:ホームカミング」が公開された

彼はまず「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」(2016)にゲスト出演する形で初登場。主演作「スパイダーマン:ホームカミング」(2017)を経て、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018)「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019)に参戦、再び主演作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」(2019)に出演と、最多の5作品に出ている。

画像: 今年のオスカーで長編アニメーション賞を受賞した「スパイダーバース」チーム

今年のオスカーで長編アニメーション賞を受賞した「スパイダーバース」チーム

そして2018年のアニメ映画「スパイダーマン:スパイダーバース」はアカデミー賞の長編アニメ部門でオスカーに輝くとともに、ゴールデングローブ賞も受賞。アニメでもスパイダーマンは頂点に立ったのだった。

Photos by Getty Images
Spider-Man is a property of the Marvel Comics Group. Marvel material appearing herein ©1977 Marvel Comics Group. All Rights Reserved.

\2019年8月7日(水)発売!/

画像: 長い歴史に注目!スパイダーマンシリーズのオスカーまでの道のり

「スパイダーマン:スパイダーバース」プレミアム・エディション

ソニー・ピクチャーズ
9,200円+税(3枚組)、ブルーレイ&DVDセット【初回生産限定】=同時発売、4743円+税
特典:ユニバース・モード(未完成映像付き再生モード)ほか

こちらも合わせてどうぞ

ネタバレ注意!必須ポイント15 徹底解説「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

コミックと映画でこんなに違う!スパイダーマンとヒロインの関係

アカデミー賞受賞!「スパイダーマン:スパイダーバース」絶賛の内容とは?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.