CBR400Fといい、GSX-Rといい、レース、特に400 ccの市販車ベースのTT3に即出場できそうな過激マシンが続々と市販されそうだが、XJ400Z-Sはすでに水冷DOHC4バルブを採用、ポテンシャルの高さを感じさせる。実際に、ほとんどノーマルのマシンが 4時耐久レースで6位入賞をはたしたりしているが、メーカーとして造るとこうなる。という見本が、このFZRだ。アルミフレームを採用するなど、84年からの国際A、B級のためのマシンとして仕上げられている。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.