2019年8月2日、F1第12戦 ハンガリーGPがハンガロリンクで開幕した。そしてフリー走行が行われて、レッドブル・ホンダが好スタートを切った。

ドライでもウエットでも高い競争力を発揮

前戦ドイツGPでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が優勝、ダニール・クビアト (トロロッソ・ホンダ)が3位、アレクサンダー・アルボン (トロロッソ・ホンダ)が6位に入る好成績をあげたホンダ勢は、ハンガリーGPでも金曜日からよい仕上がりを見せた。

金曜日1回目のフリー走行はドライコンディションの中で行われ、フェルスタッペンがルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)から0.165秒差の2番手タイムをマーク。ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)も好調な走りで、フェルスタッペンから約0.3秒差の4番手につけた。

トロロッソ・ホンダはマシンを確認しながらクビアトが13番手、アレクサンダー・アルボンは14番手でセッションを終えた。

午後に行われた2回目のフリー走行では、開始直後、アルボンが最終コーナーで芝生に乗り上げてバリアへクラッシュしたものの、レッドブル・ホンダのふたりは好調で、ガスリーがソフトタイヤでトップタイム、フェルスタッペンがミディアムで2番手につけ、全体タイムでレッドブル・ホンダが1位、2位を独占。トロロッソ・ホンダのクビアトは10番手タイムをマークした。

その後、雨が降り出して2回目のフリー走行後半はウエットコンディションになり、各車インターミディエイトタイヤで走行。土曜日が雨になる予報もあり、各チームはセットアップに専念することになった。なお、アルボンに怪我もなく、マシンにも大きなダメージはなかった。

画像: ハンガロリンクのコースレイアウト。

ハンガロリンクのコースレイアウト。

金曜日のフリー走行を終えて、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは「今日は午前はドライ、午後はウエットでのセッションになりました。明日の予選も雨になる可能性があるようなので、ウエットの中で走行できたことはよかったと思います。先週末に行われたドイツGPではレッドブル・ホンダが2勝目、そしてトロロッソ・ホンダも初の表彰台を獲得することができ、ホンダにとって特別なレースになりました。ハンガリーGPが行われるハンガロリンクは丘陵地帯にあるためアップダウンのあるコースレイアウトが楽しめます。平均車速が低いことから低速コースに分類されますが、低速コーナーのみならず中高速コーナーも備えるテクニカルサーキットで、エンジンには低速コーナーからの立ち上がりなどドライバビリティが求められます。また、例年気温も湿度も高いレースになりクーリングが課題となりますが、今年ここまで経験した高外気温度で得たデータを活かしていきたいと思います」とコメントしている。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

画像: マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)フリー走行1回目 2位、フリー走行2回目 2位

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)フリー走行1回目 2位、フリー走行2回目 2位

「ハンガロリンクはテクニカルサーキットで、コーナーをきっちりと攻めないとタイムが伸びません。高速右コーナーのターン11はうまく走れると本当に気持ちいいですね。最終コーナーは、その後に控えるロングストレートに向けて、スピードを保ったまま立ち上がることがとても重要です。このグランプリは気温が高くなるレースですが、僕らには合っているはずです。明日はまた違う展開になるかもしれませんが、おもしろい予選が見られると思います」

ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

画像: ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)フリー走行1回目 4位、フリー走行2回目 1位

ピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)フリー走行1回目 4位、フリー走行2回目 1位

「ハンガロリンクはタイトでコーナーの多いテクニカルなコースで、好きなサーキットのひとつです。昨年はトロロッソ・ホンダで6位入賞を果たしました。ここは、レッドブルがいつも強さを発揮してきたサーキットですから、今年もそれが続いてくれることを願っています。ドイツではポイント獲得のチャンスがあったのに完走できずに残念な結果でしたが、集中を切らさず進みます。僕ももうすぐ結果が出せると思います」

ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)

画像: ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)フリー走行1回目 13位、フリー走行2回目 10位

ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)フリー走行1回目 13位、フリー走行2回目 10位

「前回のドイツでのレースは3年ぶりに表彰台に乗ることができて、素晴らしい経験になりました。娘が生まれた週にレースでは表彰台に立つなんて、なんだか不思議な気持ちになりました。ハンガロリンクは好きなコースで、バリアのないモナコと言われるように低速コーナーが多く、独特で面白いサーキットです。ただ、中高速コーナーもあり、単純な低速サーキットとも言い切れません。例年、ここはトロロッソにとって相性のいいサーキットですから、いいマシンバランスを見つけて、今年もいい結果を出せればと思っています。コースはドライブしていて楽しいのですが、ストレートはほぼないので、休憩する時間はありません」

アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)

画像: アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)フリー走行1回目 14位、フリー走行2回目 20位

アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)フリー走行1回目 14位、フリー走行2回目 20位

「ハンガロリンクはとても難しいサーキットで、本当のドライバーズサーキットと言えます。クラシックなレイアウトで、フィジカルにも厳しいですし、ゆっくり息を吸うことができるストレートもありません。またオーバーテイクが難しいので、集団の中でレースを展開するのは非常にストレスがたまります。ですので、予選でいい結果を出すことを第一に考えなくてはいけません。まずは土曜にいい結果を残すことが最初の目標になります。今日は残念ながら最終コーナーでミスをしてしまいましたが、土曜日に起きるよりもよかったです」

F1第12戦ハンガリーGPは、8月3日土曜日11時(日本時間18時)からフリー走行3回目、15時(日本時間22時)から予選が行われ、決勝は8月4日15時10分(日本時間22時10分)にスタートする。

2019 F1第12戦ハンガリーGP フリー走行1回目結果

1位 44 L.ハミルトン(メルセデスAMG) 1:17.233
2位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) +0.165s
3位 5 S.ヴェッテル(フェラーリ)+0.166s
4位 10 P.ガスリー (レッドブル・ホンダ)+0.449s
5位 20 K.マグヌッセン(ハース・フェラーリ)+0.709s
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13位 26 D.クビアト (トロロッソ・ホンダ)+1.749s
14位 23 A.アルボン (トロロッソ・ホンダ)+1.990s2

2019 F1第12戦ハンガリーGP フリー走行2回目結果

1位 10 P.ガスリー (レッドブル・ホンダ)1:17.854
2位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) +0.055s
3位 44 L.ハミルトン(メルセデスAMG)+0.141s
4位77 V.ボッタス(メルセデスAMG)+0.330s
5位 3 D.リカルド(ルノー)+0.743s
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10位 26 D.クビアト (トロロッソ・ホンダ)+1.103s
20位 23 A.アルボン (トロロッソ・ホンダ)-

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.