世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに映画化!映画『キャッツ』は2020年1月24日(金)東宝東和配給で日本公開。、この度、圧巻のクオリティで魅せる、テーラー・スウィフトら豪華キャストが語るメイキング映像が公開された。

トム・フーパー&ロイド・ウェバー&スピルバーグの最高エンタテインメント

画像: トム・フーパー&ロイド・ウェバー&スピルバーグの最高エンタテインメント

白猫のヴィクトリアを演じるのは、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルを務めるフランチェスカ・ヘーワード。そのほかコメディアンや司会者として人気を集め、日本でも「SK-Ⅱ」のCMで知られるジェームズ・コーデンがバストファージョーンズを。『ドリームガールズ』(06)で高い歌唱力と演技力を発揮し、第79回アカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソンがグリザベラとして出演!
また、グラミー賞32回ノミネート、10度の受賞経験を持つ世界的人気シンガー:テイラー・スウィフトもボンバルリーナで出演するほか、オールドデュトロノミーをジュディー・デンチ、マキャヴィティをイドリス・エルバ、ガスをイーアン・マッケラン、ジェニエニドッツをレベル・ウィルソンが演じ、多彩なジャンルから珠玉の超豪華キャストたちが勢ぞろいする。また、本作の監督を務めるのは、第83回アカデミー賞受賞作品『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で歴史的ミュージカルの映画化を成功に導いたトム・フーパー。さらに、映画界の巨匠:スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるほか、『レ・ミゼラブル』のスタッフが再集結。トム・フーパー×アンドルー・ロイド・ウェバー×スティーヴン・スピルバーグによる極上のエンターテインメントに注目が集まっている。

今回公開された映像では豪華キャストがそれぞれ、本作への期待を語っており、音楽やミュージカルとともに育った子供時代、念願の名作へ出演する喜びを思い思いに明かしている。「トム・フーパー監督だからこそ作れた。彼は『キャッツ』の見せ場を理解している」と語るのはジェームズ・コーデン。唯一無二の監督としてキャストから絶対的な信頼を得ているトム・フーパーは「贖罪と多様性の受容の大切さを説いている」と本作の真のメッセージを明かし、豪華キャスト達との仕事は「超一流のアスリート集団を束ねてる気分だ」と、現場にみなぎる熱量を語っている。

画像: 映画『キャッツ』メイキング映像(A Look Inside) youtu.be

映画『キャッツ』メイキング映像(A Look Inside)

youtu.be

ヒップポップやバレエ、タップなど各ジャンルのトップパフォーマーが集結し「舞台から映画へ見事にアップデートされてるの」と自信をみせるテーラー・スウィフトら超豪華キャストとともに、最高峰のスタッフが生み出す本作の公開が楽しみだ。

© 2019 UniversalPictures. All Rights Reserved.  

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.